国産トライリンガル(英語・中国語)のススメ

meimokh.exblog.jp
ブログトップ
2011年 06月 11日

日本人は謝りすぎだと言うけれど

e0152956_6562636.jpg先日家探しをしていた姉が、「今日物件を見せてくれた不動産屋さんのお兄さんは、すーべてのセンテンスが『すみません』から始まっていた」と言っていました。「すみません、こちらを見て頂いてもよろしいですか」「すみません、共益費は6000円になります」「すみません、トイレはウォシュレット完備です」などなど。

そういや私もだいぶ前に駅で「リュックが開いていますよ」と通りすがりのお姉さんに教えてもらったときに「あ、すみません」と言ってたな。。。日本語としては問題ないのですが、やはりこういうときには「ありがとう」と言いたかったもんです。

そんなわけで外国語を話しているときに限ったことではないかもしれませんが、(でもやはり外国語を話すといつも以上に)日本人は謝り過ぎですね。女優でフランス在住の中山美穂さんがLEEという雑誌に連載コラムを書いているのですが、以前カフェで水をこぼしてしまって自分の服がぬれてしまったときに、とっさに彼女の口から出た言葉が「ごめんなさい(フランス語で)」だったとか。それを聞いたフランス人(ウェイトレスだったかな?)が「どうしてあなたの服がぬれたのに、謝るの?」と言われたと書いてありました。

周りに迷惑をかけないことを重んじる文化は素晴らしいと思うのですが、特に外国語を話しているときに何となく肩身の狭い思いがして、ついつい「すみません」「ごめんなさい」を連発してしまうのはよくないですね。なぜかと言うと、(外国語を話しているときの)自分の態度・言語力に自信を持てなくなるからです。聞きとれなくても"I'm sorry("对不起")"と言うかわりに"Could you say that again?" "Pardon?"と聞き返す方がずっといいです("Pardon?"と同じ意味で用いられる"Sorry?"なら全く問題ないですけど)。聞きとれなかったときにとっさにタイミングよく"Could you say that again?("请再说一遍")"というのは、わりと難しいのですがこれはもう癖なので頑張って言うようにしていたら、自ずと口から出てくるようになります。

自分が言ったことがうまく伝わっていないようで「は?」という顔をされても謝らないでいいです。「分からないあなたも悪いのよ」と縮こまる自分に言い聞かせて、もう一度はっきりと伝えてみましょう。あの「は?」と言う顔をされると(或いは「あー?」なんて言われると)結構傷つきますが、ひるまないで下さい!

人気ブログランキングへ
↑読んでくださっている方、ありがとうございます。励みになりまーす。クリックよろしくお願いします。
[PR]

by mei_mokh | 2011-06-11 07:00


<< あいさつが苦手な日本人?      恥ずかしい質問 >>