国産トライリンガル(英語・中国語)のススメ

meimokh.exblog.jp
ブログトップ
2011年 05月 23日

役に立つガジェット その2

e0152956_1143346.jpg今回ご紹介するのはICレコーダーです。

私はICレコーダーを使って以下の2つのことをしています。

(1)好きな番組や映画・ドラマなどの音声を録音する。
(2)自分が英語・中国語を朗読したり、スピーチしたりするのを録音する。

(1)は、Youtubeなんかで見つけてきた好きな番組や好きな映画やドラマのDVDの音声を、パソコンやテレビからICレコーダーに別売りのコードをつないで録音します。別売りのコードは電気屋さんや100円ショップなんかでも売っているものです。もし分からなければ電気屋さんで「パソコンやテレビの音声をICレコーダーに取り込むときに使うコードはありますか?」と聞けば必ず見つけてくれるはずです。私は大好きな台湾のお笑い番組『康熙来了』のおもしろかった回を録音して、繰り返し聞いては同じところで笑っています。歩きながら、家事をしながら、にやにや笑っています。幸せです。映画なんかは全部録音してしまうと長いので、好きなシーンやかっこいいセリフがあるところだけでも録音して、何度か聞くといいですよ。これはリスニングの勉強になるという意味でもちろんいいのですが、通勤時間が長い方やウォーキング(ジョギングはしんどいかもしれませんが)なんかをされるときに聞くものがない、なんていう方におすすめです。音楽ってわりとすぐにネタがつきてしまう、という方が多いのでは?しかも経済的です。

英語でももちろん勉強になりますが、中国語をやられている方は字幕なしで音声のみを頼りに理解する絶好の練習になるので是非お試しください~。

(2)は、発音チェックというのもあるんですが、でてきた単語などをしっかり覚えたいけどCDがついていない参考書や、オーディオブックが聞きたいけど見つからない本なんかを仕方なく自分が朗読しているうちに思いついた方法です。自分の声を録音して聞くのは(ましてや外国語となると)鳥肌が立つほど気持ち悪いんですけど、まぁ自分しか聞かないにしても録音するとなると何度も上手に読めるように練習するので、それだけでも勉強になるし、自分の声で吹き込んだものってわりと覚えやすかったりするんですよね。発音のまずさを聞いて「うぇ~」となって、必死で練習する、という効果もあります。

私はかなり控え目に見ても語学オタクだと思うのですが、それでも机に座ってしっかり勉強するのはやはりツライです。おもしろくない教材を使うのも大嫌いです。このように自分が好きな材料を自分で見つけてきて、歩きながら聞いたり、隙間時間にぱっと聞いたりというのなら苦になりませんよ。

ICレコーダーとして世に出ているものなら何でもいいように思いますが、このSANYOのものは余計な機能がついておらず使いやすいです。録音したものはiPhoneやiPodに取り込んで聞いています。録音の設定次第ではかなりの量が入りますが、ハードディスクなどに名前をつけて管理しておくと後々もう一度聞きたくなったときに便利ですよ。

人気ブログランキングへ
↑読んでくださっている方、ありがとうございます。励みになりまーす。クリックよろしくお願いします。
[PR]

by mei_mokh | 2011-05-23 11:51


<< 最近したこと      役に立つガジェット その1 >>