国産トライリンガル(英語・中国語)のススメ

meimokh.exblog.jp
ブログトップ

タグ:Youtube ( 4 ) タグの人気記事


2010年 06月 02日

Commencement Speech

e0152956_15303411.jpg本屋さんで、今月号のAERA Englishをちらりと読んでみたら、「モバイル英語術」特集で、iPhoneを使った学習法もたくさん紹介されていたので立ち読みに飽き足らず買ってしまいました。

中でも面白そうだったのが、「iTuneUを使って聞くスピーチ」というものでした。"iTuneU"とは海外の大学の授業や講演などを聞く・見るくことができるサービス(機能?)だそうです。さっそくおすすめとして紹介されていたOprah Winfreyのスタンフォード大学の学位授与式(Commencement)でのスピーチを検索して聞いてみました。おもしろかったです。内容は・・・ちと簡潔に紹介しにくいので、興味のある方は是非検索して聞いてみて下さいね^^;

iTouchまたはiPhoneをお使いの方は、iTunesを起動させて"commencement"とタイプすると、様々な大学名が表示されます。その中の"Stanford University"を選ぶと、スピーカーの一覧が表示されます。その中から"Oprah Winfrey"を選ぶと、無料で30分程度のスピーチを聞くことができますよ。

Commencementのスピーチに興味を持ったので、試しにYoutubeに"commencement"とタイプして検索してみました。するとやはりいっぱい出てきましたよー。もちろん、iTuneUからもたくさんのスピーチをダウンロードして聞けるんですけど・・・Youtubeの方が検索し慣れているので。さっそく色々聞いてみて、個人的にとても面白かったのはアップル社 最高経営責任者/ディズニーカンパニー 代表取締役のSteve Jobsのもの、アメリカのコメディアンEllen DeGeneresのもの、そしてHarry Potterの作者J.K.Rowlingのものでした。

中でもJ.K.Rowlingのスピーチは本当に感動しました。内容は、今振り返ってみて彼女自身が大学を卒業するときに知っていればよかった二つのこと、「失敗することの利益(benefit of failure)」と「想像力の重要性(importance of imagination)」についてです。

J.K.Rowlingは人生において失敗することを何より恐れていたけれど、実際には一文無しになるという大失敗を経験することによって、まさに火事場の馬鹿力を発揮してHarry Potterシリーズを生み出したということ、自分には本当の友達がいることが分かったこと。それが彼女が失敗によって得たものということでした。

想像力の重要性に関しては、実際に経験することなしに他人の痛みを想像することができることが人間の特権であること、それ故に自分とは異なった環境にいる人たち(スピーチでは、アフリカの国々で虐待を受けた政治犯たちのことが紹介されていました)の苦しみを想像し行動することができるのだということが話されていました。

ユーモアも満載で、とてもインスピレーショナルでした。なるほど、この作者はこんな考えを持っていたんだ。だから、Harry Potterシリーズは冒険ものとしての面白さだけでなく、人間の温かさ・醜さ、善・悪があんなにもうまく描写されているんだ、と妙に納得しました。

このスピーチがあまりに面白かったので、Youtubeで芋づる式に出てきたJ.K.Rowlingのドキュメンタリーもつい見てしまいました。これも興味深かったです。

Anderson Cooperの360°Podcastを見つけて以来、興味の持てる新しい英語番組を開拓できていなかったので、Commencementスピーチの存在を知れてラッキーでした。ちなみに初めに紹介したOprah WinfreyのスピーチもYoutubeで見ることができますよ。

最後に・・・全然Commencementスピーチとは関係ありませんが、Ellen DeGeneresのトークショーの中で(といっても、これはトークをしているところではないのですが)馬鹿らしいけど、面白いのがあったので、リンクを貼っておきます。http://www.youtube.com/watch?v=DHiqVygN-w0

人気ブログランキングへ
↑読んでくださっている方、ありがとうございます。励みになりまーす。クリックよろしくお願いします。
[PR]

by mei_mokh | 2010-06-02 15:31 | 英語学習法
2010年 05月 09日

iPhoneその他の楽しみ方

e0152956_6475739.jpgその他のiPhoneアプリは、BitEX中国語が提供している「学習時事中文」「単語カード」なんかを入れてます。どちらもインストールしたばかりの頃は楽しくてよく使ってましたが、今はあんまり使ってないんですけどね^^;

「学習時事中文」はBitEX中国語が毎日ウェブページにUPしているリスニング時事中文からの抜粋で、学習モードにすればピンイン・意味を表示した上で聞くことができたり、スローペースで再生することも可能です。私はこのリスニング時事中文のメルマガに登録していて、毎日メールにニュースが1つ届くようになっているので同じニュースをすでに聞いてしまっているのですが、忙しくて毎日UPされるニュースなんかチェックできないという方や、出先で時間が空いたときに辞書なしで勉強したいという方にはぴったりかもしれません。私がインストールしたのは「中国語リスニング強化ニュース」という無料のものですが、今は有料(各350円)で「エンタメ文化版」「経済版」「社会総合版」も出ています。

「単語カード」は、リングで留める単語カードの電子版です。リンク先を見てもらえば分かりやすいかな。カードの順番をランダムにできるし、管理も簡単なので良かったのですが、やっぱりこういうの苦手・・・。続かなかったです^^; でもコンセプトとしてはおもしろいし、普段単語カードを使って覚えている方にはおすすめです。

その他にもYoutubeが見れたり、ネットの新聞が見れたり、iPhoneは毎日語学学習に大活躍です。

Youtubeでは、以前に中国語のトーク番組をよく見ていると書きましたが、英語のトーク番組もよく見ています。"Ellen DeGeneres Show"や"Late Show"なんかがおもしろいなーと思ってみてます。どちらも映画スターを中心とした著名人がゲストとして登場して司会者と話をする番組です(オバマ大統領もどっちの番組にも出演してたはず。Ellenでは踊ってたし。)。聞きとれないところも結構ありますが、まぁそのへんはリラックスして楽しむことを目的に見てるのでいいかと・・・。例えば好きな俳優さんの名前と、番組名をタイプして検索すると、(その俳優さんが番組にゲストとして出演している限り)そのエピソードを見ることができますよ。また、興味のある著名人の名前をそのままタイプするだけで、その人のインタビューがひょこっと出てきたりします。

ネットの新聞は、英語ならNew York Times, Japan Times, NHK World English、中国語なら最近はもっぱらBBC中文網を見ています。BBC中文網は携帯モードで見ることができるので、見やすいですよー。ごちゃごちゃしてなくて読みやすいし。

長々とiPhoneについて書いてきましたが、iPhoneが語学学習にとても効果的ないちばんの理由は、Podcastで海外の番組を見る・聞くにしても、新聞を読むにしても、アプリを使って単語を覚えるにしても、やり始めるときに構えなくていいことだと思います。どんなに好きな番組でも決まった時間にテレビの前に座らないとダメとか、わざわざポータブルディバイスをPCに接続してダウンロードしたPodcastを同期させないとダメとか、新聞を読むのにコンピューターを開けて座らないとダメとか、ちょっとでも制約が出てくると「勉強しなきゃ」という意識が重ーくのしかかってきますよね。その辺が解消されたことで、英・中ニュースを毎日聞いたり読んだりすることが日常生活にすんなりと組み込むことができるようになったり、ちょっと時間が空いたときに単語を覚えてみようという気になったり・・・学習に対する姿勢がより自由になりました。決して安い買い物ではないのですが、迷っている方にはおすすめですよー。


人気ブログランキングへ
↑読んでくださっている方、ありがとうございます。励みになりまーす。クリックよろしくお願いします。
[PR]

by mei_mokh | 2010-05-09 06:51
2010年 04月 25日

教科書を飛び出して中国語を学ぼう その2

e0152956_23471174.jpg今日紹介するのは『沈春華 Life Show』と『鲁豫有约』という2つの番組です。

まず『沈春華 Life Show』ですが、これ台湾もトーク番組で、タイトル通り沈春華という女性司会者がゲスト(たいてい1人、たまに複数あるいは途中から増加)の近年における活躍ぶりや今日に至るまでの軌跡などを聞き出すというものです。前回紹介した『康熙來了』に比べると、お笑い番組でない分、司会者・ゲストともに話すテンポがゆっくりだし、複数のゲストがいっきに話すようなことがないので、聞き取りやすいかと思います。ゲストは自分の性格や生い立ちについてかなり細かく話すので、興味のある人がゲストとして出ている回は、かなり楽しめるはずですよ~。

『鲁豫有约』は中国大陸で放映されているトーク番組(鲁豫という女性が司会者)で、コンセプトとしては『沈春華 Life Show』と同じような感じだと思います。とはいえ、台湾のトーク番組とは随分異なった印象を受けるので、違った楽しみがあります。1回の放映時間がかなり長いので、全部見たものはほとんどないんですけどね^^;

ありがたいことに、Youtubeにアップされているこれら2つの番組にも字幕がついています。でも我々日本人は気をつけていないとついつい字幕の方ばかりに目がいってしまいますよね。たまには意識的に字幕を見ないで聞いたり、録音機能のあるポータブルディバイス(ICレコーダー、MDプレイヤーなど)に音声のみを録音して、視覚的な情報がなくても理解できているかどうか確かめてみたらいいかと思います。私はお気に入りの回のものをICレコーダーに録音して、耳があいているとき(家事をしている時や、1人で歩いている時)に聞きなおすのが好きです。『康熙來了』なんかは道端で聞いてても笑いそうになりますけどねー^^

今回もまた、2つの番組のおすすめの回のものを下にあげておきますね。
今週も引き続き中国語学習のことについて書きます。


『沈春華 Life Show』
張學友: アジアの歌神、張学友です。今でもいいですね~。
梁詠琪: ジジ・レオンこと梁詠琪。やはり香港人の普通語は分かりやすいことが多いですね。
言承旭:日本でも大人気のF4の言承旭です。
羅志祥:大人気司会者・ダンサー・歌手・役者の小猪こと羅志祥です。
楊丞琳:日本デビューも果たしたレイニー・ヤンこと楊丞琳。
蔡依林:台湾の歌姫、ジョリンこと蔡依林。残念ながら、画像があまりよくありませんが・・・。


『鲁豫有约』
赵薇:
章子怡:←↑それぞれ、大陸で大人気の女優さんがゲストです。
成龙:私もサインを持ってるぐらい大好きなジャッキー・チェンです。今の若い人にも人気あるみたいですね~。
韩寒:日本語の翻訳も出版されている人気の若手作家です。


人気ブログランキングへ
↑読んでくださっている方、ありがとうございます。励みになりまーす。クリックよろしくお願いします。
[PR]

by mei_mokh | 2010-04-25 23:53 | 中国語学習法
2010年 04月 24日

教科書を飛び出して中国語を学ぼう その1

e0152956_2111485.jpg1つの教科書を集中的に使う勉強は、前回紹介した『说什么和怎么说』でひとまず終了しました。もくもくとシャドーイングをする練習は続けていましたが、以前ほど頻繁にはしなくなっていたし、大学を卒業して忙しくなったこともあって、新たにシャドーイングの教材を増やすこともしませんでした。

でも当時はだいぶ中国語を使って自由に話せるようになっていたので、中国語をしゃべるチャンスがあれば積極的に出かけたり、小説を読んだり、映画を見たりしながらできるだけ中国語に触れるように心がけていました(心がけるというか、それが楽しくてしょうがなかったんですけど)。あとはいろんな場面を設定してひたすら1人でしゃべっていました。

当時ちょうど『流星花園』なんかの台湾ドラマが中華圏で話題になっていてたので、私も手に入れて毎日1時間ほどはVCDをつけっ放しにしていました。でもやっぱりつけっ放しにするだけでは、分かるところは耳に入ってくるけれど、分からないところは分からないままなんですよね^^; そのへんはわりきって、楽しむことと耳を慣らすことを目的にしていました。こういったドラマについてはまたいつか改めて書きます。

今回、次回と紹介するのは、現在私が中国語の勉強のため(…というより、実はおもしろくてしょうがないので)に日常的に見ている中国語の番組についてです。これらは全てYoutubeを使って見ています。我が家はスカパーなど海外の番組を見られるサービスに全く加入していないので仕方なくなんですが(T_T)…まぁ、十分楽しめます。

まず初めに紹介するのは『康熙來了』という台湾の番組です。きっとご存知の方も多いですよねー。これは『流星花園』の主人公 杉菜こと徐熙媛(大S)の妹さん、徐熙娣(小S)と蔡康永という男性が司会を務めているバラエティ番組で、毎回5人ほどのゲスト(大物なら1人)が登場してその日のお題に沿って話をします。日本でいうと上沼恵美子の『快傑 えみちゃんねる』ってなとこでしょうか。暴露話があったり、かなり私生活に踏み込んだことをゲストが明け透けに話すので、ついつい見てしまうんです^^;

エンタメ大好き派にとって、芸能人のインタビューは最高の教材ですよねー。でもそういったものを教材とするときのマイナス面としては、話題が現在公開されている映画やドラマのこと、(歌手ならば)最近リリースされたCD或いはコンサートのことなんかが主になるので、結構語彙が偏るんですよね。しかも "拍戏(映画を撮影する)"、"剧本(台本)" 、"专辑(アルバム)"、 "签售(サイン会)"、 "出道(デビューする)" 、"粉丝(ファン)"とかね…覚えても使う機会ないし。

その点この『康熙來了』はお題が毎回決まっていて、例えば「産後どうやって体型を戻したか」*1、「子供の教育、厳しくすべきか」*2、「お金持ちの彼とのエピソード」*3、「スポットライトを浴びるための女同士の熾烈な争い」*4などなど、いーろんな話題について司会者・ゲストがしゃべりまくるので、語彙がぐっと広がります。多くの中国語の番組がそうであるように、この番組もばっちり字幕がついているので分からない表現はすぐに調べられます。また英語の練習のために欧米のトークショーなんかを見てると、ずっと意味が分かってたのにオチが分からなかったり、分かっても何がおもしろいか理解し難いことがあるんですけど、その点やはり文化的に近いのか『康熙來了』ではそういうことはありません。みんなが笑っているところはやっぱりおかしい。

どういう周期かいまいち分からないんですが、ありがたいことにどなたかが新しいものをどんどんUPしてくれています。著作権上よくないのかもしれませんが・・・以下おすすめの回のものを少し紹介しておきますねー。

*1 產後如何恢復魔鬼身材?  
*2 父母研究社 小孩怎麼教? 
*3 女明星被小開追的日子 
*4 女藝人,搶鏡頭的美人心機 
張柏芝:だいぶ前のものですが、日本でも人気のある張柏芝(セシリア・チェン)がゲストです。彼女自身が普通語のネイティブでないので、非常に聞き取りやすいし、おもしろいです。

#複数の人がアップしているのでいろんなバージョンがありますが、だいたい50分ほどの長さのものを5つぐらいに分けてUPしてあるものが多いようです。

##Youtubeの検索画面に「康熙來了」と入力して、スペースを空けて好きな芸能人の名前を入れたり、「2010」と年月日を特定したりすると、自分の好みに合う回のものが見つかるかもしれません。

次回もお気に入りの番組について紹介します:))

人気ブログランキングへ
↑読んでくださっている方、ありがとうございます。励みになりまーす。クリックよろしくお願いします。
[PR]

by mei_mokh | 2010-04-24 21:37 | 中国語学習法