国産トライリンガル(英語・中国語)のススメ

meimokh.exblog.jp
ブログトップ

タグ:単語帳 ( 1 ) タグの人気記事


2010年 05月 06日

iPhoneアプリ その1:はじめて続いた英単語帳

e0152956_2224588.jpgこれまで単語帳を使って英単語を覚えたことがありませんでした。「単語帳は使わない主義」というのではなくて、続かなかった・・・。やっているうちに、単語帳の位置で覚えている単語なんかがでてきてしまい、どの単語が頭に残っているのか分からなくなったり、それを解決するために単語フォルダー(小さいカードに、表に単語・裏に意味を書いて、リングで留めるもの)なんかを作ろうとするんだけど、それが面倒くさくて続かなかったり。そんな訳で、単語帳は使わず、日々英語を聴いたり読んだりすることで単語を増やしてきました。こういう方法がいちばん無理なくできるのですが、すぐにTOEICなどの試験の点をあげたい方なんかは、そんな悠長なこと言ってられませんよねー。

今年に入って、英検・TOEICなどの試験にチャレンジしていこうと決意したので、iPhoneのアプリで単語帳のよいものがないかどうか探し始めました。

はじめは、TOEICⓇTest 860点単語(230円)を使っていました。もともとGakkenが出している単語帳のiアプリバージョンです。和英フラッシュカード・英和フラッシュカード・英文穴埋めの3種類のテストと、それらの総合テストがあり、どれも4択問題になっています(例えば和英フラッシュカードの場合、日本語である単語が表示され、その意味として相応しい英語の単語を4つの選択肢の中から選ぶ)。テストをやるときに前回間違えた問題を正解するまで復習できたり、成績も残ってやる気もでるし、単語一覧表もついていてそこでは発音もチェックできたり、これはこれでよかったんですが・・・値段も安いし。でも4択問題で間違えた問題が、復習問題でもう一度表示されたら、頭にしっかり定着していなくても何となく正解できてしまうんですよね。それでまだ完全に覚えてないのに、自動的に「正解」と扱われてしまうんです。また、アプリの主な機能が「テスト」なので覚えているかどうかのチェックにはいいけれど、このアプリ自体を使って単語を覚えるのは無理かなーと思っていました。

その次に見つけたのが出る順で最短合格!英検1級単熟語(1000円)でした。上のものに比べるとちょっと値段は高い目ですが、書籍版の2205円を考えるとお得ですよねー。これは非常にいいです!機能としては、「単熟語一覧」「チャレンジ(和英4択テスト、スペリングテスト)」「復習モード」「プレーヤー」の機能がついています。長くなるので、よく使う機能のみを説明しますね。

「単熟語一覧」では100個ずつに分けられた単熟語(全1524個)が表示されるのですが、その際に「ランダムソート」「覚えた単語も表示する」の2つの項目にチェックを入れることができます。つまり一覧表だけど、残したい単語だけを表示することができるんです。ランダムソートもとても便利です。これなら場所で覚えてしまうことないですからね~。まずは、単語だけがざっと表示されるのですが、単語をクリックすると意味・例文が表示されます。音声も聴くことができるし、意味のところにフィルターをかけることもできます。音声は「自動再生」を選ぶと、全ての単語の音声・例文が再生されます(単語のみを再生することもできます)。もちろん音声に合わせて画面はちゃんと次の単語、次の単語へとどんどん移っていきます。最近私はドライヤーを使って髪を乾かすとき、自動再生をして目と耳で単語をチェックしています。毎日絶対する行動の中に勉強を取り組むと続けられますねー。

そして「チャレンジ」ですが上に書いたように、「英日の4択テスト」と「スペリングテスト」の2つの機能があります。テストの後、正解した単語にチェックが入りますが、この時点では「覚えた単語」としては自動的に処理されません。自分で「単語を覚えたリストに登録」をクリックしてはじめて(「覚えた単語」として)登録されます。私は普段は覚えられない単語だけを残して、「4択テスト」を徹底的にしますが、「覚えた単語も出題する」を選択することもできます。これは寝る前・ちょっと時間が空いたときなど、今まで携帯でメールを何気なくチェックしていたような隙間時間にやるようにしています。でも「やらないと」というより、おもしろいからついついやってしまう・・・という感じです。空いた時間に単語帳を開くというのは、気分を「勉強モード」に切り替える必要がありますが、このテスト機能ならゲーム感覚でできてしまいます。

単語をざっと眺めて・聴いて、あとは4択テストで覚えたかどうかを確認していく。たまに一覧表で間違いやすい単語(「覚えた単語」として登録していないもの)だけを表示して、耳があいているときに音声を流して復習する。。。というのが、最近の定番です。参考書の付属CDでは、覚えた単語も全部聴かないといけないので、ずっと集中して聴くのがしんどいときがありますよね。覚えていないものに限って聞き逃したり。でもこのアプリでは、間違いやすい単語のみの音声を再生できるので、短時間で集中して復習できますよ!

・・・読み返してみると、実物が手元になければ、何とも分かりにくい説明ですね(@_@)/~~~
何となくイメージが湧けばいいのですが・・。ちなみにこのシリーズ、3級から対応しているようです。

次回もiアプリの話ですが、辞書について書く予定です。


人気ブログランキングへ
↑読んでくださっている方、ありがとうございます。励みになりまーす。クリックよろしくお願いします。
[PR]

by mei_mokh | 2010-05-06 22:38 | 英語学習法