国産トライリンガル(英語・中国語)のススメ

meimokh.exblog.jp
ブログトップ

タグ:オーディオブック ( 6 ) タグの人気記事


2010年 08月 18日

中国語のオーディオブック2

e0152956_13524294.jpgそんな訳で、英語ほど簡単にMP3ファイルをダウンロードできる中国語のサイトが見つからないので、通販で朗読CD(まぁ要するにオーディオブックなんですが)として販売されているものをここ数カ月の間に2点買いました。

私はここんとこ中国語の書籍は大抵「書虫」というサイトで購入するのですが、朗読CDもこのサイトで見つけました。1つは李可という作家の『杜拉拉升职记』、もう1点は巴金の『家』です(どちらもUNABRIDGED)。『杜拉拉升职记』は以前、月刊誌『聴く中国語』で紹介されていておもしろそうだと思って購入しました。話自体はおもしろかったし、音質、朗読ともに問題ないんですけど、ちょっと凝り過ぎ・・・という印象がありました。男女2人のナレーターが交互に朗読するんですが、BGMがかかってたり、なんかもうちょっとシンプルにしてくれてもよかったかな。長時間聞くにはやはり「朗読音声のみ!」のものが個人的にはいいように思います。値段もかなり高めでした。

巴金の『家』は今聞いているところですが、これはいいです~~~~。買って正解でした。『家』は過去に読みかけて、どうもおもしろいと思えなくて止めてしまったことがあったのですが、何となくもう一回トライしようと思って今回購入しました。中国語を「美しい言語」と形容する人がわりといますよね。正直に言うと私は普段あまりそのような意識を持つことはなく、どちらかというと、まくしたてるように話される中国語を聞いて「おもしろいな~」と感じる方が多いくらいです。その上普段あまり「古き良き中国」というのを全面に押し出した小説なんかもあまり好んで読んでいません(-_-;) こんな私でも、巴金の『家』はその朗読を聞いて「中国語ってきれいだな~」と思ってしまいました。こちらの方は章がかわるときに、たまに短い音楽が入りますが、それ以外にBGMはなしです。最近毎晩、この朗読を聞きながらタイムスリップしている気分になってます。巴金の作品は他にも朗読CDが出ているようなので、また他のものもトライしてみようと思っています。

「書虫」のサイトにある「朗読CD」というページを見ると、朗読CDとして販売されているものの一覧表がでています。中国のウェブサイトを散々検索した後に、この「書虫」のページを見ると「正規の料金を払わないといけないんかー」という思いが頭をよぎらん訳ではないのですが、まぁやっぱりそれだけの違いはあるかな、という印象です。やはり正規の料金を払って購入するものとそうでないものとでは、品質の違いが顕著です^^

以下、全く個人的な意見ですが・・・。英語に比べて中国語の場合は「多読」がスピーキングの上達には直結していないような気がします。というのも、日本人が中国語の小説を読む際、分からない単語の意味や声調を調べながら読む・音読するという所謂「精読」をしない限り、どうしても目で見る情報だけを頼りに読み進めてしまう傾向があると思っているからです。何せ阅读の得意な日本人ですから・・・。その点、オーディオブックを利用、或いは併用すれば(文字を目で追いながら聞けば)、発音をなおざりにすることなく「多読(多聴か)」を進めることができます。私もこれからどんどん中国語のオーディオブックを利用して「多聴」していきたいと思います:))

人気ブログランキングへ
↑読んでくださっている方、ありがとうございます。励みになりまーす。クリックよろしくお願いします。
[PR]

by mei_mokh | 2010-08-18 13:56 | 中国語学習法
2010年 08月 16日

中国語のオーディオブック1

e0152956_22354542.jpg現在のところ、英語ほどオーディブックが出回っている言語は他にはないようですが、日本語と同じように中国語のオーディオブックなるものもちょこちょこ目にするようになってきました。

このブログでも何度も触れてきたように、私は英語のオーディオブックを聞き始めてから、英語の能力が伸びたのはもちろん、とにかく気軽るに聞けるというんで(何せ耳さえ空いていれば、他のことをしながらでも聞けるんですから~)普段の生活の中に大きな楽しみができました。

是非この喜びを中国語でも・・・と思って、ちょこちょこ中国語のオーディオブックが出ていないかチェックしています。今日はこれまでに私が見つけた中国語のオーディオブックを手に入れる方法をご紹介しようと思います。・・・全く不完全な情報ですが(しかもお気に入りのウェブページがひとつ消えてたし)、現時点のものということで少しでも参考になれば幸いです。

まずMP3ファイルをウェブサイトからダウンロードするタイプのものとしては、以下の2つのサイトを使用したことがあります。

1つ目は"听派网"というサイトです。このサイトには古いもの(『红楼梦』とか)から新しいもの(『奋斗』とか)、また外国のもの(『哈利波特』とか)までわりと豊富に揃っていますし、私が検索したものはすべてUNABRIDGED(全ページを朗読した省略なしのもの)だったので聞きごたえもあります。ただこのサイトはまずメンバー登録をしないといけないし、有料なんですね。で、私の場合、このメンバー登録がどうにもうまくいかず、パソコンに詳しい中国に住んでいる(中国人の)友達に助けてもらいました。だから紹介しているものの、再び自力でメンバー登録をすることは恐らくできないであろう・・・という無責任さをお許し下さい^^; ものにもよるかと思いますが、朗読もプロの上手なものだったし、音質もきれいでした。

2つ目は"iLoveEasy - 我愛簡單網"という台湾のサイトです。私はこのサイトがわりと気に入っていてよく聞いていたのですが、今日久々に検索したらなくなってたーーー(嘆)。もしかしたら、いずれ復活するかもしれないし・・・ということで、とりあえず紹介しておきます。このサイトは1つ目のものとはだいぶ違っていて、メンバー登録する必要はありますが(でもとても簡単)、無料でMP3ファイルをダウンロードすることができます。しかし、1冊の本を初めから終わりまで読むというような本格的なオーディオブックではなくて、20分ほどの間にナレーターが本の内容をかいつまんで説明するというものです。BGMもかかってるし、ナレーターもFMラジオのDJのようなノリでそれぞれの本を紹介しています。それでもわりとおもしろくて、じゃんじゃんダウンロードして聞いていました。私が聞いたものには日本人作家・高木直子の『150センチライフ』の中国語版や、钟文音という作家の『写给你的日记』、Khaled Hosseiniの"The Kite Runner(邦題:『君のためなら千回でも』で映画化されました)"の中国語版などがあります。

今も中国語のオーディオブックをダウンロードできるサイトを探し続けているんですが、種類はたくさんあってもiTuneやaudibleのような音質がよく、種類も豊富で、信用ができるサイトとなるとまだなかなかないような気がします。中国語でオーディオブックは"有声书"や"有声小说"と言われるようですが、中国人の友達に聞いてみても大抵の人は「"有声书"って何?」といった反応が返ってきます。これから"有声书"が一般的になって、どんどんいいサイトが出てきたら嬉しいなあ。

興味を持たれた方は、是非"有声书"、"有声小说"などのキーワードで検索してみて下さいね~。

中国語オーディオブックの話、次回も続きます。

人気ブログランキングへ
↑読んでくださっている方、ありがとうございます。励みになりまーす。クリックよろしくお願いします。
[PR]

by mei_mokh | 2010-08-16 22:41 | 中国語学習法
2010年 07月 22日

ちょっと休憩:オーディオブック三昧

e0152956_15422745.jpgご無沙汰してます~。
あまり気合いを入れて書こうとし過ぎると、なかなか手をつけられない・・・ので、今日は「言いよどみ」の話はちょっとお休みして他のことを書きます。

ここ数カ月つわりで体調不良だったのですが、ようやくおさまってきました。つわりの時って、食べ物の嗜好が変わるって言いますよね?私もゆで餃子を狂ったように食べた週や、クスクスを主食にした週など、色々あったんですけど、どうやら嗜好の変化は食べ物だけではないようで・・・。つわり期間中、どうしても中国語を聞く・読む・しゃべる気にならず困りました(別に今は趣味でやってるので困るってほどのことじゃないんですけど)。なんでしょねー、これは。

それに本を読むのは意外と体力がいるし、テレビを見ると何となく酔うし・・・何をしていたかというと、もっぱら英語のオーディオブックを聞いていました。中でもおもしろかったものを少しご紹介します。

まずは年明けからずっと休み休み聞いていて、なかなか最後までたどり着いていなかったシリーズ最終巻"Harry Potter and the Deathly Hallows"。これはよかったです。色々どんでん返しがありました。最後のHarryとLord Voldemortの決闘シーンのやり取りは特におもしろかったです。このクライマックスのシーンだけ3回ぐらい聞いてしまった。まぁ、今更・・・という感じなので、ご存じの方もたくさんいらっしゃいますよね^^; でも私の周りにHarry Potterシリーズを読んでいる人って皆無なんですが(それは私が大人だから?)、大人でも十分に楽しめると思いますよー。私の場合、7巻ともオーディオブックで聞きましたが、聞く・読むいずれにしても、これだけボリュームのある1種類のものを聞き続けると英語処理能力が存分に鍛えられます。

私はHarry Potterは初めから耳だけで聞いていたのですが、他の難易度の高いオーディオブックの多くは同時に本を目で追いながら聞いていました。でもさすがに1年ほどオーディオブックを聞く・同時に本を読むを続けてきて、最近は大抵のものならば本なしでわりとラクに楽しむことができるようになりました。

Harry Potterの他に聞いたのは、Brian Tracyの"Eat That Frog!"。これは所謂「成功している人たち」が24時間をどのように使っているのか・・というお話です。ビジネス書に分類されるものだとは思いますが、私のような専業主婦でも、或いは学生さんでも多いに参考になるし楽しめるかと思います。タイトルを読んで「?」と思いますが、"Frog"はもっとも大変な/重要な/やりたくない仕事の例え。他の食べやすいものはさておき、まずはそのカエルを、もしカエルが数匹いるならば(=重要な仕事が複数あるならば)もっとも醜いカエル(=もっとも大変/やりたくない)カエルから食べてしまえ!というのがテーマです。
以前Brian Tracyの"The 21 Success Secrets of Self-Made Millionaires"というのを聞いて、とてもインスパイアされたので「他のものも聞いてみたいな~」と思って"Eat That Frog!"を購入しました。内容的には何となく重複するところもあったし、わりとTracyさんは「当たり前のこと」を言っている気がせんでもないのですが、それでもこの人のオーディオブックは聞くたびに「がんばるぞ~」という元気がもらえます。"21 Success~"の方は1時間ちょっとだし、"Eat That Frog!"の方も2時間40分とわりと簡単に聞けてしまうものなので、初めての方にもとっつきやすいですよ~。

他にも途中まで聞きかけていたRosamund Pilcherという作家の"Winter Solstice"*を聞き終えたり、Oprah Winferyが朗読しているJanet Fitchの"White Oleander"なんかも聞いたのですが、個人的にとーーーーってもよかったのがBernhard Schlinkの"The Reader"です。これはもともとドイツ語の小説で、日本語訳では「朗読者」というタイトルで新潮文庫から出版されてます。また映画化もされて(邦題:「愛を読むひと」)、Kate Winsletがアカデミー主演女優賞を獲ったそうなのでそっちの方でピンとくる方も多いかもしれません。

「少年と中年女性の恋愛もの」としか知らなくて、軽い気持ちで聞き始めたのですが・・・重かったです^^; 前半はかなり官能的な描写が多いのですが、語り手の少年が大人になり、戦争裁判で被告となった女性と再会する後半はもう重い重い。まあ前半部分も「甘い恋・・・」という感じでは全然なく、全体的になんかくらーい感じ。ヘルマン・ヘッセの「車輪の下」の、全体に漂うおも~い・くら~い空気を幾度となく思い出しました。ドイツの小説ってこの手のどうしようもなく暗いものが多いんでしょうか。そういうのが好きな人にはおススメです。しかも後味悪いし。でもよかった。

長さはUNABRIDGED(完全版)で4時間16分。私が聞いたバージョンは朗読をしている男性(Campbell Scott)の発音も明瞭でとても聞きやすかったです。

オーディオブックもたくさん聞こうと思うとお金がかかるのですが、私はたいていAudibleというサイトから購入しています。ものにもよりますがメンバーになってしまえばiTuneやAmazonなどよりもだいぶ安く買うことができます。上で紹介したものも、Harry PotterだけはAudibleで取り扱われていなかったのでAmazonで中古品を買いましたが、それ以外は全てAudibleで買いました。

ちなみに"The Reader"があまりに暗かったので、今は"The Devil Wears Prada(プラダを着た悪魔)"を聞いています。

*Rosamund Pilcherの作品は日本語訳もたくさん出ていますが、原書もあまり難しくないのでおススメです。魅力的な老婦人の主人公が多いので、「あ~、どんどん年とっていく~」と(たまに)焦る日々の中で聞くと、「年とるのも悪くないじゃないか」と思わせてくれます。


人気ブログランキングへ
↑読んでくださっている方、ありがとうございます。励みになりまーす。クリックよろしくお願いします。
[PR]

by mei_mokh | 2010-07-22 15:44 | 英語学習法
2010年 05月 10日

'09年6月ごろ~'10年4月ごろまでに読んだ洋書

e0152956_12244563.jpg以前「耳読書*」について書いたときに、「私自身が読んだ(聞いた)本やその順番をまた書きます」と書いておきながら、すっかり遅くなってしまいました。何らかの参考になれば・・・と思って、以下にずらっとリストアップしました。

"A"は、"AudioBook"つまり朗読を聞いたものを意味します。"B"は"Book"つまり書籍を読んだものを意味します。"A" "B"の両方がついているものは「朗読を聞きながら書籍読んだ」ことを意味します。また"Audio"マークがついているものには(分からないものもありますが)AudioBookの朗読時間数を入れておきました。また時間数のあとに"iTune"/"Audible"/"Amazon"と書いてありますが、これは購入先です。

2009年6月ごろ~
A:  Harry Potter and the Philosopher's Stone (By JK Rowling) 8時間23分 iTune
A:  Harry Potter and the Chamber of Secrets (By JK Rowling) 9時間43分 iTune
A:B:The Namesake (By Jumpa Lahiri) 10時間5分 Audible
A:  Harry Potter and the Prisoner of Azkaban (By JK Rowling) 12時間4分 iTune
A:B:Tuesdays with Morrie (By Mitch Albom) 3時間41分 Audible
A:  Harry Potter and the Goblet of Fire (By JK Rowling) 21時間 iTune
A:B:The Lord of the Rings: The Fellowship of the Ring (J. R. R. Tolkein) 20時間1分 iTune
A:B:Harry Potter and the Order of the Phoenix (By JK Rowling) 29時間6分 iTune
A:B:The Shell Seekers (By Rosamunde Pilcher) 24時間31分 Audible
A:B:A Moveable Feast (By Ernest Hemingway) 4時間23分 Audible
A:B:My Sister's Keeper (By Jodi Picoult) 13時間37分 Audible
A:  The 21 Success Secrets of Self-Made Millionaires (By Brian Tracy) 1時間7分 Audible
A:  How to Win Friends & Influence People (By Dale Carnegie) 7時間19分 Audible
  B:September (By Rosamunde Pilcher)
  B:Chicken Soup for the Mother's Soul (By Jack Canfield et al.)

2010年~4月
A:  Harry Potter and the Half-Blood Prince (By JK Rowling) 20時間56分 Amazon(CD)
A:  Reason for Hope (By Jane Goodall with Phillip Berman) 6時間 Audible
A:  Dreams from My Father (Barack Obama) 7時間13分 Audible


だいたいこんな感じだったと思います。上に書かなかったものの他に、途中まで聞いてやめたものもあります。また、"Chicken Soup for the Mother's Soul"は短い話がたくさん入っているのでいっきに全部読んでしまったのではなく、読みたいと思ったときにちょこちょこ(今も)読み進めています。

やはり聞きとりやすいHarryPotterで存分に耳慣らしをしたことがよかったと思います。実はObama大統領の"Dreams from My Father"は、かなり初期("Tuesdays with Morrie"の後ぐらい)に購入したのですが、ついていくのがしんどくてやめてしまいました。今年に入ってから、再度トライしてみたところ、リラックスした状態で聞きとれるようになっていました。

耳読書を続けたおかげで、Audioなしでも洋書を楽しんで読めるようになった上、機関銃英語が聞き取れるようになったことは以前書きました。今まで機関銃英語を聞きとるには、その英語(機関銃英語自体)をたくさん聞いて慣れるしかないと思っていたのですが、上にあげたAudioBookは読むペースが速いものはあってもどれも比較的はっきりと朗読されています。しかしこれだけの量を聞くと、英語処理能力が存分に鍛えられるので、今では機関銃英語も聞いた音からどんどん処理できるようになり、今までつながって聞こえてた英単語の羅列がはっきりと聞きとれるようになりました。

・・・ってのが私の仮説なんですが、どうでしょう?

ちなみに今は以下のものを聞いて(読んで)ます。

A:  Harry Potter and the Deathly Hallows (By JK Rowling) Amazon(CD) 
A:  Dispatches from the Edge (By Anderson Cooper) 6時間 Audible
A:B: Winter Solstice (By Rosamunde Pilcher) 19時間 Audible

ハリーポッターついに最後まできてしまいました。終わったらどうしよ。
いつもこうやって2冊以上のものを同時に読みます。でもiPhone買ってから、なかなか読書が進みません^^


次回からは、ずーっと書きたかった「日本人が外国語をしゃべるときの癖」について書いていきます。


*「耳読書」とは、英語コーチ (金井さやかさん)の造語で、小説やエッセイなどが朗読された音声(=オーディオブック)を聞く、つまり「耳で読書する」ことを意味します。



人気ブログランキングへ
↑読んでくださっている方、ありがとうございます。励みになりまーす。クリックよろしくお願いします。
[PR]

by mei_mokh | 2010-05-10 12:26 | 英語学習法
2010年 04月 15日

そしていわゆる機関銃英語が聞き取れるようになった(その2)

e0152956_14303633.jpg「耳読書*」を始める前の私、恐らくこの英語はわりと楽に聞き取れていたと思います。ニュースを読み上げている女性アナウンサー(=CNN特派員のChristiane Amanpour)の英語に注目して下さい。
http://www.youtube.com/watch?v=lwmnJcYsJEs&feature=related


でもこっちは無理だったか…聞き取れていたとしても、非常にしんどかったと思います。同じくCNNの特派員Anderson Cooperによる、女優でありUNHCR親善大使でもあるAngelina Jolieへのインタビューです。Anderson Cooperの英語の方に注目して下さい。
http://www.youtube.com/watch?v=J4yXuyqM2Rc


後者の方は典型的ないわゆる機関銃英語ですよね。「耳読書」を続けた結果、すんなりと聞き取れるようになりました。分からない単語や表現が時々あることはあるのですが、音ははっきりと聞こえています。

毎回1回の投稿に書く文章が長くなりすぎるのですが(読んでくださっている方、ありがとうございます!)、こうやって長々書いてきて何が言いたいかというと…外国語で日常レベルのコミュニケーションをとれるようになるためには「失敗を恐れない」「間違いを気にしすぎない」「完璧を求めない」ことが大事だなぁつくづく思いました。

スピーキングを強化するために「失敗を恐れないでどんどんしゃべる」というのは分かりますよね。あとリーディングのときにも「分からない単語があっても辞書をひかずに読み進める」というのも実践は難しいかもしれませんが、分かりますよね。同様にリスニングにおいて「分からない単語があってもどんどん聞き続ける」という学習法も効果ありなのだなぁとつくづく実感しました(注:聞いても全く意味の分からないものを聞き続けても意味がありませんが)。

私はALCのENGLISH JOURNALという雑誌が以前から好きで、特に著名人へのインタビューのコーナーにいたっては、気に入ったものは好きな音楽のように通勤時・家事をする間などに何度も何度も繰り返し聞くほどでした。このときにも分からない単語は全部調べていました。これはこれで役にたったと思うのですが、私が去年の夏から実践したオーディオブックやPodcastのリスニングは聞く絶対量が違っていました。何せ20時間ほどの小説を次から次へと聞いていくのと並行して、30分ほどのPodcastの番組も聞いていましたから…。「何時間分聞いても、次から次へと聞くものがある」という状態も、この多聴を続けるのを簡単にしてくれました。学習用のCDだけでは、なかなか長時間のリスニング材料を準備するのは大変ですもんね。また自分の好きなものを選べるというのも、無理なく多聴を続けられる秘訣だったと思います。

私は10年ほど前に英語・中国語を集中して勉強し始めたのですが、コミュニケーションに支障はなし/ある程度読解力もあるというレベルに達した4~5年目以降はあまり飛躍的な進歩を実感することはありませんでした。そして自分自身も決してネガティブになっていたわけではないのですが「もう目に見えてレベルアップすることはないんだろうな~でも別に不自由もないし、いっかー」と思っていました。3年ほど前からは英語話者である配偶者と生活をともにしているのですが、それでも状況は同じでした。そんな私が1年にも満たない期間に、確実にレベルアップしたことを実感しました。

そんなわけで、「多聴」是非やってみて下さい!そのときに、「いい加減」になるのを忘れないで下さいね

*(過去の投稿に何度も登場していますが)「耳読書」とは、英語コーチ (金井さやかさん)の造語で、小説やエッセイなどが朗読された音声(=オーディオブック)を聞く、つまり「耳で読書する」ことを意味します。


人気ブログランキングへ
[PR]

by Mei_Mokh | 2010-04-15 14:40 | 英語学習法
2010年 04月 08日

洋書が読めるようになった理由

e0152956_17591914.jpg前回の投稿で、外国語を話す上で失敗を恐れないことが大事だと書きました。つまり間違えても気にしない、完璧を求めないことが大事だと。

完璧主義からほど遠い自分の性格も、その意味では有利に働いたということも書きました。

でもそんな私でも、どうしても完璧を求めずにいられなかったのが「リーディング」です。

外国語を身につける上で、「読む」ことが効果的なのは分かっていました。「精読」も必要だけど、「多読」もとても重要だというのもよく聞きますよね。そして「多読」するときには、知らない単語がでてきてもいちいち辞書をひかないで、どんどん前に進むべき、ということもよく言われますよね。

でもねー、それができなかったんですよ。分からない単語を読み飛ばす、ということが。そのままにしておくことが気になって気になって。そのせいで、かなり単語力がついて、複雑な文章が読めるようになった後も、とても楽しんで洋書を読むことなんてできませんでした。これは中国語に関してもほぼ同じでした。

ところが、去年の夏ごろから急に洋書を読めるようになって、今までの約10ヶ月間に18冊程度の洋書を読みました。タイトルや読んだ順番も参考になるかもしれないので、また他の投稿で紹介しますね。

きかっけは『English AERA(2009年7月号)』に載っていた金井さやかさんという方の「耳読書」についての記事でした。

内容は、英語のオーディオブック(小説・エッセイなどを朗読した音声)をたくさん聞いて英語耳になろう、というものでした。『English AERA』のバックナンバーを手に入れることは難しいかもしれませんが、金井さやかさんは「耳読書」についてのご著書も出版されていますし(『英語は耳読書で学べ』,中経出版)、ブログでも英語学習についての情報発信をされていますので、興味のある方はチェックしてみて下さいね。

今まで人に薦められた学習法に飛びつくことはあまりなかったような気がするのですが、そのときは自分もとてもやってみたくなり、金井さやかさんが紹介されていた『ハリー・ポッター』シリーズのオーディオブックをすぐに購入しました。聞き始めてから、わりとすぐに話の中に入り込むことができ、続きを聞くのがどんどん楽しくなっていきました。

そのうち、ただオーディオブックを聞くというだけではなく、朗読されている本の方も揃えて、オーディオブックを聞きながら英文を目で追うことを始めました。この方法では、座って本を開く時間がないときに楽しむがことができるオーディオブックの利点は損なわれてしまいますが、やはりただ聞いているだけよりも負荷が少ないし、曖昧だった単語の発音が確認できたり、分からない単語がでてきたときにスペリングから推測した間違った発音を先に覚えてしまうこともないし、何より「自分でどんどん洋書を読めている!」という錯覚に陥ることができて、病みつきになってしまいました。

後で知ったことですが、オーディオブックを聞きながら本を読む方法は、英語圏の子供が1人で本を読めるようになるための練習としてよく行われているそうです。

そしてこの方法を続けてしばらく経った頃に、とても読みたい本があったのですが、どうしてもオーディオブックが見つからないという事態に陥りました。そこで仕方なく、その本を自力で読み始めたのですが。。。驚いたことに、オーディオブックの助けなしでも、スラスラ読めるようになっていたんです。その時点で英文を読む速度が上がっていたことには気がついていたのですが、かなりの量の小説(新聞のように決まった様式や背景知識がないものでも)を以前とは比べものにならないほどの少ない負荷で読めるようになっていました。まぁ、負荷の度合いは英文の難しさにもよるんですけど、そのときの印象はそんな感じでした。

もともと日本語の本を読むことが大好きだったので、英語で書かれた本を楽しんで読めなかったり、特に小説の場合その英文の醸し出す雰囲気を味わえないことは、とても残念なことでした。その意味でも金井さやかさんの記事を見つけたことはとてもラッキーだったと思っています。

このオーディオブックとの出会いは、その後の私の英語・中国語の学習方法に大きな変化をもたらしました。
次回はこの辺のことを書きますね。今は英語の話がメインになっていますが、そのうち中国語のこともでてきますよー。

人気ブログランキングへ
[PR]

by mei_mokh | 2010-04-08 18:18 | 英語学習法