2011年 06月 14日

あいさつが苦手な日本人?

e0152956_8305279.jpg前々回、前回のような話を聞くと、「やっぱり日本人ってお人よしなのかしら~」と思ってしまいますが(そして実際のところそうなんでしょうけど)、海外に行くと全く逆のことを体験する場合があります。

はじめてアメリカに旅行に行ったときに現地の人たちがやたらと"Excuse me"と言っているのが気になりました。特に少し狭い場所ですれ違いざまに言う"Excuse me"。日本では「すみません」と言う必要がない場面、もしくは分かるか分からないか程度に頭を下げる程度でOKな場面でも、はっきりと"Excuse me"。なぜこの日本との違いをはっきりと記憶しているかというと、アメリカでたまたま入ったカフェで、ちょっと触れてしまう程度にすれ違ったときにいつもの癖で何も言わなかったら(多分相手の人はとっさに"Excuse me"と言った)、大きな声で"Say excuse me!"と叫ばれたことがあるからです。びっくりしました。こんな風に叫ばれることはあまりないでしょうけど、まあ私もひとこと言うべきだったんでしょうね。

あとは欧米諸国に行くと、自分がドアを開けたときに反対側から出てくる人がいたり、自分の後ろにも人がいるような場合には、その人たちのためにドアを開けておいてあげるのが一般的ですね。日本でも多くの方がされますが、欧米諸国では「絶対に」「さりげなくではなく」皆さんやられます。そんなときも笑顔で"Thank you"ですね。頭を軽く下げても、日本のことを知らない人には「あら、この人"thank you"言わないわ」と思われてしまうでしょう。個人的にはこの"Thank you"はわりとすぐに出てくるんですが、自分がドアを開けて人に"Thank you"と言われたときにさっと言い返す言葉が出てこないんですね。「どういたしまして」は"You are welcome"と習っているんですが、一瞬のコミュニケーションなので"You are welcome"はいささか長いのです。そこで言うなら"Sure"ぐらいがいいですよね。次に機会があればさらりと言ってみます。

ぱっと返すのが難しいといえば、なんといってもすれ違いざまの"Hi, how are you?"の返しです。"I'm fine. Thank you. How are you?"と習った通りに言おうとすると、相手はもう遥かかなたへ歩き去ってしまっています。色々試した結果いちばんうまくいくのは"Good."という返しです。余裕があれば"Good. How are you?"と返せればいいのですが、まずは自分が"Good."と答えることが大事かな。

日本は本当にサービス大国なので、お店に行っても店員さんとのやり取りで不愉快な思いをすることはあまりありませんよね。義母(オーストラリア人)が100円ショップで鏡を買ったときに「あの店員さん、100円のために3回(いらっしゃいませ。105円お預かりします。ありがとうございました。)も頭下げてくれたわよ。」と驚いていました。海外に行くとわりとよく「え~?」という態度で接客をしている店員さんを見かけますが、一方で全く商業的でない笑顔でまっすぐに目を見て"Thank you"と言ってくれる店員さんもいます。こういうマニュアル的でない、まっすぐ相手の目を見て言うあいさつというのは、私たち日本人は苦手かもしれませんね。これはなかなか素敵なもんです^^

人気ブログランキングへ
↑読んでくださっている方、ありがとうございます。励みになりまーす。クリックよろしくお願いします。
[PR]

# by mei_mokh | 2011-06-14 08:33
2011年 06月 11日

日本人は謝りすぎだと言うけれど

e0152956_6562636.jpg先日家探しをしていた姉が、「今日物件を見せてくれた不動産屋さんのお兄さんは、すーべてのセンテンスが『すみません』から始まっていた」と言っていました。「すみません、こちらを見て頂いてもよろしいですか」「すみません、共益費は6000円になります」「すみません、トイレはウォシュレット完備です」などなど。

そういや私もだいぶ前に駅で「リュックが開いていますよ」と通りすがりのお姉さんに教えてもらったときに「あ、すみません」と言ってたな。。。日本語としては問題ないのですが、やはりこういうときには「ありがとう」と言いたかったもんです。

そんなわけで外国語を話しているときに限ったことではないかもしれませんが、(でもやはり外国語を話すといつも以上に)日本人は謝り過ぎですね。女優でフランス在住の中山美穂さんがLEEという雑誌に連載コラムを書いているのですが、以前カフェで水をこぼしてしまって自分の服がぬれてしまったときに、とっさに彼女の口から出た言葉が「ごめんなさい(フランス語で)」だったとか。それを聞いたフランス人(ウェイトレスだったかな?)が「どうしてあなたの服がぬれたのに、謝るの?」と言われたと書いてありました。

周りに迷惑をかけないことを重んじる文化は素晴らしいと思うのですが、特に外国語を話しているときに何となく肩身の狭い思いがして、ついつい「すみません」「ごめんなさい」を連発してしまうのはよくないですね。なぜかと言うと、(外国語を話しているときの)自分の態度・言語力に自信を持てなくなるからです。聞きとれなくても"I'm sorry("对不起")"と言うかわりに"Could you say that again?" "Pardon?"と聞き返す方がずっといいです("Pardon?"と同じ意味で用いられる"Sorry?"なら全く問題ないですけど)。聞きとれなかったときにとっさにタイミングよく"Could you say that again?("请再说一遍")"というのは、わりと難しいのですがこれはもう癖なので頑張って言うようにしていたら、自ずと口から出てくるようになります。

自分が言ったことがうまく伝わっていないようで「は?」という顔をされても謝らないでいいです。「分からないあなたも悪いのよ」と縮こまる自分に言い聞かせて、もう一度はっきりと伝えてみましょう。あの「は?」と言う顔をされると(或いは「あー?」なんて言われると)結構傷つきますが、ひるまないで下さい!

人気ブログランキングへ
↑読んでくださっている方、ありがとうございます。励みになりまーす。クリックよろしくお願いします。
[PR]

# by mei_mokh | 2011-06-11 07:00
2011年 06月 09日

恥ずかしい質問

e0152956_7512196.jpg欧米・中華圏をはじめとする多くの国々の人が直接的な表現を好むのに対して、私たち日本人は婉曲的な表現を好むというのは有名な話ですが、このことと今日のお話は関係あるのでしょうか。。。そういや先日も娘を抱っこしながら中国語のWeb Lessonを受けているときに中国人の先生に"你女儿比你可爱(娘さんの方があなたより可愛いわね)"とはっきり言われました。まあ娘のことを褒められて嬉しくない親はいないので、いいんですけど。

昨年末に2人目の娘を出産したのですが、今回は旦那(オーストラリア人)の母がオーストラリアから遥々助けに来てくれました。3歳になる長女がいるので出産時が大変になるだろうから、出産前に日本に来てくれるということになったのですが、これがチケットをとるのが結構難しかったんですね。そんなに長いこと滞在もできないので、なるべく出産ぎりぎりに到着したいけれど、もし出産が早くなって到着前に生まれてしまったら大変だし・・・というのでなかなか出発日を決められずにいました。

そんなわけで私たちは、早い段階から「いつ生まれるんだ!?」ということをかなり気にかけていたのですが・・・。妊娠後期に入ると、健診のたびに義母が「いつ生まれそうか聞いておいて」と私たちに言うんですね。出産予定日はもちろん知らせているので、彼女が言っているのは「今の状態だと何日に生まれるか教えて」ということなんです。でも臨月に入ったとしても(もちろんこの質問をはじめたのは臨月に入るずっと前)、何日後に生まれるなんて医者にも分かりませんよね。。

で、健診のときにお腹の中の赤ちゃんのサイズを測ったり、心臓の動きなんかをチェックしてもらった後に、「あのー、いつ生まれますか?」と聞くわけですがやっぱり先生も笑うしかないわけです。「予定日は1月12日になってまうけどね。今のとこは早産の可能性もないし、まぁ予定日の1週間前後ぐらいでは?としか言えません。」と言われました。

そういえば1人目を妊娠したときに、義母の時代にはなかった「超音波」でお腹の中の赤ちゃんを見ることができるんだよ、と伝えたときに、ひとしきり感動した後「その超音波というのが赤ちゃんの体に悪い影響を与えないか、念の為に聞いておいて」と言われました。医者に聞いた結果は「赤ちゃんの体に悪いことをやるわけがないでしょ」とのことでした。まぁそうですよね。。。

これは私が覚えているうちのほんの2つの例でしかないのですが、とにかくこういう「え、そんなこと聞くの?」という質問が多いんです。おもしろいと思ったので、彼女が来たときに色々聞いてみたら、程度の差はあれど「いい回答をもらえないであろう、と思う場合でも、とりあえず自分の疑問はぶつけてみる」というのは義母のみならず少なくとも欧米社会では一般的な態度であることが分かりました。「大事なことなら恥ずかしがる必要ないじゃない。予想通り答えがもらえなかったらそれまでだし、何か有益な情報をもらえたならばラッキーじゃない」と。

そういえば、先日娘がロタウィルスという毒性の強いウィルスに感染して、不調が2週間ほど続いたんですね。心配して仕事をぬけて病院に来た旦那も診察室に一緒に入って先生のお話を聞いていました。私は処方してもらうことになっていた薬の使用法や、もしそれでも嘔吐が止まらなかったらどうしたらよいか、またこの先どんな症状が起こり得るか、などの質問を先生にしていました。最後に旦那に「何か他に聞いておくことない?」と聞くと、彼は「えっと、娘はいつ治りますか?」と先生に聞きました。この質問はちょっと・・・。私の感覚としては、「そりゃ確かにいつ治るか私だって知りたいけど、そんなもん今後の病状次第やし、先生も親も必死でできることをやってても、なかなか治まらないで心配してるっちゅうのに、そんな質問するか?」という感じでした。「一般的にロタウィルスに感染すると完治するまでにどのぐらいかかりますか」ぐらいなら分かりますが。

とにかくこういった具合です。例えば英語圏の国で、実際にどのような感じでこの「えっ!?」と言いたくなる質問・返答のやり取りがなされているのかまだ観察できていないのですが、少なくとも日本で日本語でこういったやり取りをするとかなりまぬけです。案の定「えっ!?」という顔をされますから。

その昔、姉の香港人の友達が日本に遊びに来た時に、2人でショッピングに行ったそうですが、「あれを試着したい」「あれも持ってきて」「これと違う色のものはないの?」「同じようなデザインでフリルが少ないやつは?」などなどなどなど、は店員さんへの要求がどんどん激しさを増していき、決して遠慮がちなタイプではない姉も最後には「ほんま、もうよー言わんかったで」と言っていました。こんなこととも、少し関係があるのかもしれません。

突き詰めていけば、「自分が持っている権利は存分に使う」とでもいいましょうか。「診察を受ける者として、親として、知っているべきことを聞いて何が悪い?」「客が自分が欲しいものを吟味するのに店員を存分に巻き込んで何が悪い?」などなど。。

例え言語自体をうまく扱えるようになっても、円滑な異文化コミュニケーションをはかるためには乗り越えるべき壁がたくさんありますね^^;

人気ブログランキングへ
↑読んでくださっている方、ありがとうございます。励みになりまーす。クリックよろしくお願いします。
[PR]

# by mei_mokh | 2011-06-09 07:54
2011年 06月 01日

最近したこと

e0152956_23175549.jpgここんとこ随分と比重を中国語において毎日を送っています。語学ってのはちょっとさぼっているとそのツケがてきめんに現れるもんで。。。中国語がかなり出にくくなっていたのでちょっと頑張ってます。

ショックなことにほぼ毎日聞いていたBBC中文版のPodcastがなぜか聞けなくなってしまったんですが*、おかげでいいものを発見しました。それはVOA(Voice of America)の中文版です。Podcastもあるのですがそれもなぜか6~7分のさっと聞けるニュースは視聴させてくれないので、はじめは「じゃ~しょうがない」という感じでVOA中文版のアプリ(350円)をダウンロードしたんです。これは中国語ジャーナル5月号でも紹介されていたので試しに聞いてみたのですが、これがいい!学習者向けのアプリで、読み上げられるニュースは全てスクリプトがあるし、いろいろ学習者にとって嬉しい機能もついているのですが、なんといってもいいのがカバーするニュースの幅が広いんです。アプリ内のニュースのカテゴリーを見れば分かるのですが「中国」「台湾」「国際」「美国」「亜太」「中東」「欧州」など国際的な時事ニュースあり、また「教育」「科学技術」「環境」「健康」などのカテゴリーもありとにかく様々な話題に触れることができます。またこれもBBC中文版と同様、客観的な立場から中国国内のニュースや両岸問題などが扱われています(そういえば「人権」というカテゴリーもあり、中国の人権問題が容赦なく取り上げられています)。

そんな訳で私はVOA中文版をiPhoneを使って楽しんでいますが、もちろんホームページにいけばiPhoneなどがなくてもニュースをチェックできます。画像や音声つきのニュースもたくさんUPされています。

その他にちょっとはまりかけているのが、中国語音声付のディズニーアニメのDVDを見ることです。たまたま子供が近所のTSUTAYAで借りてきたリトル・アインシュタインというディズニーDVDが日・英以外にも中国語・スペイン語・タイ語・韓国語などの音声付というもので、それをこっそり見ているうちに病みつきになってきました。今回も何とか子供を言いなだめて中国語音声付のミッキーマウスを借りてきました。ミッキーの声って何語の吹き替えでも同じ声質でわりと聞きづらいのですが(ちなみにいちばん聞きづらいのはドナルド)、登場人物の名前とか、秘密の呪文やトゥールの名前とかね、中国語版を聞くとおもしろいです。そして意外に語彙が広がります。ちなみに日本国内で販売されているディズニーDVDで中国語音声が入っているのは私が調べた限りでは以下の5枚です。

-ミッキーマウス クラブハウス/まほうのことば
-プーさんといっしょ/スーパー探偵団(たんていだん)のクリスマス・ムービー
-リトル・アインシュタイン/すてきな たんじょうび
-リトル・アインシュタイン/はじめてのぼうけん
-DISNEY PRINCESS おとぎの国のプリンセス/夢を信じて


あとは中国語でちょこちょこ日記を書いたり、BitEXのワンコインレッスンの月謝制チケット(7200円で、毎日25分のレッスンを1カ月受けれるというもの)を購入して平日はほぼ毎日レッスンを受けています。小さな子供がいるので、教科書を使ったレッスンなどは無理なので、大抵抱っこしながら自由会話のレッスンを受けています。25分ぐらいなら何とかなりますよ!

あとはひたすら好きな中国語のテレビ番組をYoutubeで見たり聞いたりしてました。えらいもんで、この程度中国語漬けの生活を2週間ぐらい続けると、だいぶ効果がでてきますね。中国語が出やすくなったし、ふと気がつくと中国語で何かを考えていたり、旦那に中国語で話しかけそうになってしまったり・・・。

ちなみに最近見てめちゃくちゃおもしろかったのは、やっぱり『康熙來了』の台湾在住の外国人がゲストの回のものです。みんなうまいですね~。

あと映画も暇を見つけてはちょこちょこ見たりしているのですが、随分と話題になった『非誠勿擾(馮小剛監督、葛優、舒淇主演、邦題は『狙った恋の落とし方』)』はストーリーの好き嫌いはさておき、かなり学習向けだと思います。全般的にセリフが多いし、何といっても葛優の発音が明瞭だし、変な雑音が少ないし。

そうなると英語に注ぐ時間がぐっと短くなってしまうのですが、NHKニュース、Anderson CooperのPodcastはなるべく毎日聞くようにしています。あとはAudiobookをちょこちょこ。。。最近もう一度読み返したいけど読む時間がない(というか他に読みたいものがありすぎる)という本をAudiobookで聞くことが多いです。最近では村上春樹の『ノルウェーの森』と『走ることについて語るときに僕の語ること』の英語版を聞きました。他にちょっとおもしろかったのは、日本語訳もでているようですがTal Ben-Shaharの"Happier"です。タイトル通り、「より幸せ」になるためにはどうしたらよいか・・・ということが書いてあるのですが、自分の語学学習の態度ともリレイトできる箇所があって共感できました。そして今現在聞いているのが話題のKazuo Ishiguroの"Remains of the day"です。確かにgood novelという感じなのですが、夜寝る前に聞くと2分ぐらいで寝てしまってなかなか進みません。。。その他に、以前"Tara Road"という小説を聞いてはまったMaeve Binchyというアイルランドの女性作家の"Heart and Soul"という小説を、こっちは「聞く」のではなくてちゃんと読んでいます。かなりやさしい英語でどんどん読めるし、ストーリーも期待を裏切られませんでした。おもしろいです。

ダラダラと自分がやっていることを書いただけで・・・「どや!頑張ってるやろ!」といわんばかりですが、実際のところは本なんて夜寝る前に5分~10分ほど読んでいるだけです^^; とにかく、何かの参考になれば幸いです~。私も皆さまがコメント欄で教えて下さる本やドラマなど、とても参考になってます:)ありがとうございます!

*後日、また聞けるようになりました。

人気ブログランキングへ
↑読んでくださっている方、ありがとうございます。励みになりまーす。クリックよろしくお願いします。
[PR]

# by mei_mokh | 2011-06-01 23:27
2011年 05月 23日

役に立つガジェット その2

e0152956_1143346.jpg今回ご紹介するのはICレコーダーです。

私はICレコーダーを使って以下の2つのことをしています。

(1)好きな番組や映画・ドラマなどの音声を録音する。
(2)自分が英語・中国語を朗読したり、スピーチしたりするのを録音する。

(1)は、Youtubeなんかで見つけてきた好きな番組や好きな映画やドラマのDVDの音声を、パソコンやテレビからICレコーダーに別売りのコードをつないで録音します。別売りのコードは電気屋さんや100円ショップなんかでも売っているものです。もし分からなければ電気屋さんで「パソコンやテレビの音声をICレコーダーに取り込むときに使うコードはありますか?」と聞けば必ず見つけてくれるはずです。私は大好きな台湾のお笑い番組『康熙来了』のおもしろかった回を録音して、繰り返し聞いては同じところで笑っています。歩きながら、家事をしながら、にやにや笑っています。幸せです。映画なんかは全部録音してしまうと長いので、好きなシーンやかっこいいセリフがあるところだけでも録音して、何度か聞くといいですよ。これはリスニングの勉強になるという意味でもちろんいいのですが、通勤時間が長い方やウォーキング(ジョギングはしんどいかもしれませんが)なんかをされるときに聞くものがない、なんていう方におすすめです。音楽ってわりとすぐにネタがつきてしまう、という方が多いのでは?しかも経済的です。

英語でももちろん勉強になりますが、中国語をやられている方は字幕なしで音声のみを頼りに理解する絶好の練習になるので是非お試しください~。

(2)は、発音チェックというのもあるんですが、でてきた単語などをしっかり覚えたいけどCDがついていない参考書や、オーディオブックが聞きたいけど見つからない本なんかを仕方なく自分が朗読しているうちに思いついた方法です。自分の声を録音して聞くのは(ましてや外国語となると)鳥肌が立つほど気持ち悪いんですけど、まぁ自分しか聞かないにしても録音するとなると何度も上手に読めるように練習するので、それだけでも勉強になるし、自分の声で吹き込んだものってわりと覚えやすかったりするんですよね。発音のまずさを聞いて「うぇ~」となって、必死で練習する、という効果もあります。

私はかなり控え目に見ても語学オタクだと思うのですが、それでも机に座ってしっかり勉強するのはやはりツライです。おもしろくない教材を使うのも大嫌いです。このように自分が好きな材料を自分で見つけてきて、歩きながら聞いたり、隙間時間にぱっと聞いたりというのなら苦になりませんよ。

ICレコーダーとして世に出ているものなら何でもいいように思いますが、このSANYOのものは余計な機能がついておらず使いやすいです。録音したものはiPhoneやiPodに取り込んで聞いています。録音の設定次第ではかなりの量が入りますが、ハードディスクなどに名前をつけて管理しておくと後々もう一度聞きたくなったときに便利ですよ。

人気ブログランキングへ
↑読んでくださっている方、ありがとうございます。励みになりまーす。クリックよろしくお願いします。
[PR]

# by mei_mokh | 2011-05-23 11:51