<   2010年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧


2010年 07月 30日

言いよどみ方その2

e0152956_22275930.jpgこんにちは。前回も書いたように、もうつわりはだいぶ治まってきたのですが、一旦コンスタントに更新するという癖がなくなってしまうと、自分が好んで書いているブログとはいえ続けるのにはわりと強い意志がいるもんですねぇ。面倒くさいことはとことん続かない私が、「やっぱり頑張って書くぞ~」という気になれるのは「語学が好き!」という気持ち以外に、コメントを下さる皆さまや、更新がない間もここにきて下さる方がいるおかげです。本当にありがとう!

ひっぱりすぎて(何も故意にひっぱっている訳ではないのですが)、どんな話の流れだったか分かりにくくなってしまっていると思うので、そこんとこからちょこっと書いておきます。

外国語を話す際に、非常に表面的なことではあるけれども、「ペラペラ喋ってるようにみせる」というのが大事になってくることがあります。ペラペラ喋れるようになるためには、「単語やイディオムをたくさん覚える」「発音に気をつける」などすぐには効果が表れない地道な努力がもちろん必要なのですが、(ペラペラ喋っているようにみせる)即効性のあるコツもいくつかあると思います。ここ数回に渡って、そのコツを紹介しています。

今回ご紹介するのは、スラスラ説明できないときなんかに、いかにうまく言いよどむか、ということについてです。

言いよどみ方を3分類してご説明していますが、今回は2種類目の「えーと」「あのー」「んー」・・・など言いよどむとき専用に使う表現(以下、フィラー)を使う方法です。

英語では"well", "umm(「アムー」、という感じの音です)", "you know"などが典型的。
中国語では"啊-", "这个", "那个"といったところですね。

日本語で「ん"ー」「あ"ー」とダミ声で言ってしまったり、「・・・」とパッタリ黙ってしまう前に、英語なら"well"や"umm"と言う。中国語なら "这个ー"や"那个ー"と言う。ちなみに中国語の場合、日本語の「あのーーー」と同じような感じで、"那个ーーー"と延伸させてもOKだし、"那个、那个、那个"というように反復させてもOKです(英語で言いよどむ時に"well, well, well"とするのはおかしいと思いますが)。中国語のネイティブの発話なんかを聞いてても、"那个、那个、那个、那个、那个、那个""と、「一体何回言うねん」というくらい繰り返される場合がありますよね。

1種類目の言いよどみ方でご紹介した表現と合わせ技でいったら、なおよし(間がもつ)です。例えば"you know, well, how can I explain"、"那个、那个ーー、怎么说呢"なんて言うように。

その他に英語で覚えておくと便利なものに"kind of", "sort of", "like"があります。「~って一体何?」なんて言われて(例えば"what's OMIKOSHI?"と言われたとして)すぐに答えが出てこないときは、とりあえず "That''s a kind of like, umm, kind of, you know, that's something which you can see at Japanese traditional summer festivals"といった感じでフィラーでつないでいる間に、次に何と言うか考えればいいんです。しかもここではお神輿が何かをびしっと説明するのではなく、「お祭りで見られる」という超一般的な説明から入ってます。楽ちん楽ちん。言えることから言っていきましょう。例え"that's a kind of"と始めてはみたものの、なかなか後が続かなくても、初めっから黙ってしまうより一言でも英語で何か発しておく方がずっといいと思います。

あと"I mean"というのも、言いよどんでしまってもう一度言いなおしたい時や、とにかく言葉が出てこないときに便利ですね。ちなみにAnderson Cooperは"I mean"を発話冒頭に持ってくることがよくあります。"I mean"を「私が言いたいのは・・・」と頭の中で訳していると、発話冒頭でいきなり言われると変な感じがするんですけど^^;

中国語でも「~みたいな」に近い表現で"好像"*は便利ですね。"比较"も「比較的に」という固い意味合いだけでなく「けっこう」「わりと」という感じで動詞・形容詞の前でどんどん使っていけば「・・・」という沈黙は避けられます。 以前『康熙來了』のある回の中で蔡康永が"所以比较没有坐在那里的资格的人是小镇吧"(確かこんなセリフ)と言っていたのを聞いて、なんとなくびっくりしたのを覚えています。"比较"ってそんな風に使ってもいいんかー、と。

英語("kind of", "sort of" , "like")にしても、中国語("好像", "比较")にしても、これらはぼかし表現なのであまり多用しすぎると「なんかー、みたいなー」を連発するしまりのない話し方になってしまうかもしれません。それでも言葉が出てこずに「・・・・」となるよりはいい場合もあるのでは?こういう表現がスラスラ出てくるようになると、本人もなんか喋れている気になるしね。

あと接続詞ですが、"and then"や"然后"も文と文をつなぐときに積極的に使っていったらいいと思います。

是非、言いよどみ方種類1と合わせて使ってみて下さい。

*例えば、"我记得好像有听他讲过说,有一次打高尔夫球,不小心他的球击中了一只乌鸦。。"(アルク中国語ジャーナル2006年1月号、徐若瑄インタビューより) "我记得好像有听他讲过说"なんて時間稼ぎに最適なフレーズですね^^;

人気ブログランキングへ
↑読んでくださっている方、ありがとうございます。励みになりまーす。クリックよろしくお願いします。
[PR]

by mei_mokh | 2010-07-30 22:28
2010年 07月 22日

ちょっと休憩:オーディオブック三昧

e0152956_15422745.jpgご無沙汰してます~。
あまり気合いを入れて書こうとし過ぎると、なかなか手をつけられない・・・ので、今日は「言いよどみ」の話はちょっとお休みして他のことを書きます。

ここ数カ月つわりで体調不良だったのですが、ようやくおさまってきました。つわりの時って、食べ物の嗜好が変わるって言いますよね?私もゆで餃子を狂ったように食べた週や、クスクスを主食にした週など、色々あったんですけど、どうやら嗜好の変化は食べ物だけではないようで・・・。つわり期間中、どうしても中国語を聞く・読む・しゃべる気にならず困りました(別に今は趣味でやってるので困るってほどのことじゃないんですけど)。なんでしょねー、これは。

それに本を読むのは意外と体力がいるし、テレビを見ると何となく酔うし・・・何をしていたかというと、もっぱら英語のオーディオブックを聞いていました。中でもおもしろかったものを少しご紹介します。

まずは年明けからずっと休み休み聞いていて、なかなか最後までたどり着いていなかったシリーズ最終巻"Harry Potter and the Deathly Hallows"。これはよかったです。色々どんでん返しがありました。最後のHarryとLord Voldemortの決闘シーンのやり取りは特におもしろかったです。このクライマックスのシーンだけ3回ぐらい聞いてしまった。まぁ、今更・・・という感じなので、ご存じの方もたくさんいらっしゃいますよね^^; でも私の周りにHarry Potterシリーズを読んでいる人って皆無なんですが(それは私が大人だから?)、大人でも十分に楽しめると思いますよー。私の場合、7巻ともオーディオブックで聞きましたが、聞く・読むいずれにしても、これだけボリュームのある1種類のものを聞き続けると英語処理能力が存分に鍛えられます。

私はHarry Potterは初めから耳だけで聞いていたのですが、他の難易度の高いオーディオブックの多くは同時に本を目で追いながら聞いていました。でもさすがに1年ほどオーディオブックを聞く・同時に本を読むを続けてきて、最近は大抵のものならば本なしでわりとラクに楽しむことができるようになりました。

Harry Potterの他に聞いたのは、Brian Tracyの"Eat That Frog!"。これは所謂「成功している人たち」が24時間をどのように使っているのか・・というお話です。ビジネス書に分類されるものだとは思いますが、私のような専業主婦でも、或いは学生さんでも多いに参考になるし楽しめるかと思います。タイトルを読んで「?」と思いますが、"Frog"はもっとも大変な/重要な/やりたくない仕事の例え。他の食べやすいものはさておき、まずはそのカエルを、もしカエルが数匹いるならば(=重要な仕事が複数あるならば)もっとも醜いカエル(=もっとも大変/やりたくない)カエルから食べてしまえ!というのがテーマです。
以前Brian Tracyの"The 21 Success Secrets of Self-Made Millionaires"というのを聞いて、とてもインスパイアされたので「他のものも聞いてみたいな~」と思って"Eat That Frog!"を購入しました。内容的には何となく重複するところもあったし、わりとTracyさんは「当たり前のこと」を言っている気がせんでもないのですが、それでもこの人のオーディオブックは聞くたびに「がんばるぞ~」という元気がもらえます。"21 Success~"の方は1時間ちょっとだし、"Eat That Frog!"の方も2時間40分とわりと簡単に聞けてしまうものなので、初めての方にもとっつきやすいですよ~。

他にも途中まで聞きかけていたRosamund Pilcherという作家の"Winter Solstice"*を聞き終えたり、Oprah Winferyが朗読しているJanet Fitchの"White Oleander"なんかも聞いたのですが、個人的にとーーーーってもよかったのがBernhard Schlinkの"The Reader"です。これはもともとドイツ語の小説で、日本語訳では「朗読者」というタイトルで新潮文庫から出版されてます。また映画化もされて(邦題:「愛を読むひと」)、Kate Winsletがアカデミー主演女優賞を獲ったそうなのでそっちの方でピンとくる方も多いかもしれません。

「少年と中年女性の恋愛もの」としか知らなくて、軽い気持ちで聞き始めたのですが・・・重かったです^^; 前半はかなり官能的な描写が多いのですが、語り手の少年が大人になり、戦争裁判で被告となった女性と再会する後半はもう重い重い。まあ前半部分も「甘い恋・・・」という感じでは全然なく、全体的になんかくらーい感じ。ヘルマン・ヘッセの「車輪の下」の、全体に漂うおも~い・くら~い空気を幾度となく思い出しました。ドイツの小説ってこの手のどうしようもなく暗いものが多いんでしょうか。そういうのが好きな人にはおススメです。しかも後味悪いし。でもよかった。

長さはUNABRIDGED(完全版)で4時間16分。私が聞いたバージョンは朗読をしている男性(Campbell Scott)の発音も明瞭でとても聞きやすかったです。

オーディオブックもたくさん聞こうと思うとお金がかかるのですが、私はたいていAudibleというサイトから購入しています。ものにもよりますがメンバーになってしまえばiTuneやAmazonなどよりもだいぶ安く買うことができます。上で紹介したものも、Harry PotterだけはAudibleで取り扱われていなかったのでAmazonで中古品を買いましたが、それ以外は全てAudibleで買いました。

ちなみに"The Reader"があまりに暗かったので、今は"The Devil Wears Prada(プラダを着た悪魔)"を聞いています。

*Rosamund Pilcherの作品は日本語訳もたくさん出ていますが、原書もあまり難しくないのでおススメです。魅力的な老婦人の主人公が多いので、「あ~、どんどん年とっていく~」と(たまに)焦る日々の中で聞くと、「年とるのも悪くないじゃないか」と思わせてくれます。


人気ブログランキングへ
↑読んでくださっている方、ありがとうございます。励みになりまーす。クリックよろしくお願いします。
[PR]

by mei_mokh | 2010-07-22 15:44 | 英語学習法
2010年 07月 14日

言いよどみ方その1

e0152956_2054582.jpgさて、まず1種類目。前回紹介した通り、「あー、なんて言ったらいいんかなー」「これで意味通じてる?」「ちょっと待ってよ」「もとい!」・・・などのフレーズを、そのままその言語に訳す方法。

英語なら、"well, how can I explain", "does it make any sense?", "hang on", "let me start again"...etc.

中国語なら、"啊-, 怎么说呢", "你懂我说的意思吗?", "等我一下", "让我再说一遍"...等等。

「なんだそんなこと!」って思うけど、案外慣れてなかったら出てこないもので、気がつけばだみ声で「あ”ー」とか言ってしまうんですよね。

聞きとれなかったときにタイミングよく"Could you say that again?", "Could you speak more slowly please?"を言うのって結構難しいですよね。「あわわ」となって、言えない。中国語("再说一遍" "说慢点")も然りです。私はタイミングよく"Could you say that again?"が言えるようになった時、軽い感動を覚えました。

そんなわけですっと出てくるようにするには少々練習が入りますが、つまったときに上で紹介したようなフレーズを使えると非常に便利です。

人気ブログランキングへ
↑読んでくださっている方、ありがとうございます。励みになりまーす。クリックよろしくお願いします。
[PR]

by mei_mokh | 2010-07-14 20:56
2010年 07月 10日

ペラペラ聞こえるコツその3:その言語らしく言いよどむ

e0152956_16503588.jpg今回書きたいことは個人的にかなり大きなテーマなのですが、残念ながらぴったりくる具体例(音声・画像)がなかなか見つからず・・・どこまでうまくお伝えできるかちと心配なんですが、まぁいってみます。

当たり前ですが、日本語話者・英語話者・中国語話者、それぞれに「しゃべるのが下手な人」「よく言いよどむ人」がいます(私そうです)。しゃべり下手じゃなくたって、ついつい言いよどんでしまうことは、人間誰しもあることでしょう。外国語を話すとなると、なおさらです。そこでいかに、その言語流の言いよどみ方をするか、というのがわりと大事になってくると思っています。

つっかえたり、言葉がでてこなかったり、しどろもどろになったり、で発話が流暢でなくなってしまったって、"ネイティブのように"その言語流の言いよどみ方をして相手をうまく待たせることができれば、まだペラペラ印象は保持できます。

そこを日本語でもろに「あー」や「なんて言ったらええんかなー」なんて言ってしまったら、もうその時点で発話崩壊です。

「言いよどみ方」にはいくつか種類があります。ここでは大きく3分類していきたいと思います。

まず1種類目。
「あー、なんて言ったらいいんかなー」「これで意味通じてる?」「ちょっと待ってよ」「もとい!」・・・などのフレーズを、そのままその言語に訳す方法。これは簡単ですよね。

2種類目。
「えーと」「あのー」「んー」・・・などのフレーズではないけれど、言いよどむとき専用に使う表現(これを専門用語でフィラーと言います)を使う。もちろん、英語・中国語のそういった表現を使う、ということです。

3種類目。
「だ、だ、だ、だから、そうじゃなくて」のようにどもってしまう場合、「この書類ーーの、さんーー枚目のところにサインして、市役所宛ーーに送り返したらいいんーーちゃうかな」のようにだらだらと単語の一部を延ばして発音してしまう場合、「えっと、次はどこに電話したらいいんかな、(1.5秒ほどのポーズ)、あ、多分ここやね」のような発話の間に無言のポーズが入ってしまう場合、、のようなかなり生理的に思われる言いよどみ方の、英語・中国語版*をマスターする。


次回から数回に分けて、この3種類の言いよどみ方について書いていきます。


*日本語と中国語の言いよどみ方違いについて、以下の文献が参考になるかもしれません。

『文と発話1:活動としての文と発話(第1巻)』 串田秀也・定延利之・伝康晴(編)
"非流ちょう性への言語学的アプローチ:発音の延伸、とぎれを中心に(P 209-228)" 定延 利之・中川(モクタリ) 明子(著)
出版社:ひつじ書房
価格:3,360円


人気ブログランキングへ
↑読んでくださっている方、ありがとうございます。励みになりまーす。クリックよろしくお願いします。
[PR]

by mei_mokh | 2010-07-10 16:51
2010年 07月 07日

おまけ:"~, right?"

e0152956_15241665.jpg次の話に行く前に、前々回、前回の投稿と関連があるのに書き忘れていたことについて書いておきます。

使いすぎるとやらしくなるのですが、英語の "~, right?" という表現は便利だし、それなりに英語に小慣れているように聞こえると思います。それに、倒置して疑問文を作るのが面倒くさいときにもいいです。

例えば・・・、
ウキウキ楽しそうな友達に向かって、「何かいいことあったんでしょー?」
"Something exciting happened, right?"

「さっさと支度しなさい!」「はいはい。そうしないと遅刻するって言いたいんでしょ?」
"Get ready now!" "All right, all right. You wanna say that I'm going to be late, right?"

「日本では車は左側通行じゃない? だからアメリカに行ったとき、運転するの怖かったわー。」
"In Japan, they drive on the left, right? So it was a really scary experience for me to drive when I went to the States."

などなどなど。思いっきり"rrrright?"という言うと、感じでます。これも「文末擦り切れ感」をなくすのに役立つと思います。

付加疑問文を使えれば表現の幅が広がると思うのですが、付加疑問文って難しいですよね(私だけ?)。私の場合、文末の付加疑問のところに辿り着く前に、最初に使った動詞の形態を忘れてしまうんですよね。

"He hasn't done that yet, has he?"

とかね。簡単な文なのに、"has he?"という頃には「あれ、"hasn't"って言うたんやっけ、"haven'tやっけ??」と何か頭がごっちゃになるんです。

Harry Potterの登場人物のひとりRon Weasleyが付可疑問文を連発するんですね。Harry Potterのオーディオブックを聞き始めたときに、「全巻聞き終わる頃には、さぞかし付加疑問文が得意になってることやろう」と楽しみにしていたんですけど、全然ダメでした。

"huh?"という表現もありますが、これも上級者向けですね。照れがあるとできないというか。聞き直されたりしたら、2度と言いたくないです^^;

そんなわけで・・・"~, right?"は便利ですよ~。

人気ブログランキングへ
↑読んでくださっている方、ありがとうございます。励みになりまーす。クリックよろしくお願いします。
[PR]

by mei_mokh | 2010-07-07 15:24 | 英語学習法
2010年 07月 02日

ペラペラ聞こえるコツその2:後付けしていく

e0152956_22382817.jpg外国語を話すときに「言いたいことを簡潔に言う」というのは基本とされているような気がします。
でも言いたいことだけサクッと言うより、ちょろっと後付けをする方がペラペラ印象はUPする場合がわりとあると私は思っています。

このとき何が便利って、関係代名詞です。これでどんどん後付けしていくんです。
例えば・・・

Parents in the West often show their affection to their kids explicitly by hugging them, kissing them or saying "I love you", which I think is great.
(西洋では、両親はしょっちゅう子供をハグしたり、キスしたり、「アイ ラブ ユー」って言ったり、自分たちの愛情をはっきりと示すのよ。私はそれを素晴らしいと思うわ。)

My computer got a problem and I had to work on fixing it for many hours with a thick manual in my hand, which was very tough for me.
(コンピュータがおかしなことになって、分厚いマニュアルとにらめっこしながら何時間もかけてなおさなきゃいけなかったんだよ。あれは僕にはきつかったなぁ。)

というように、とりあえず言うべきことは言ってしまうんだけど、その後にちょろっと自分の感想なんかを関係代名詞(which以下)を使って付け足すんです。自分の感想だとわりとバリエーションが限られているので、そこだけペラッと言えるように練習しておけば、それまでのところでモタモタしてしまってもわりと発話全体が締まって聞こえます。

他の例としては以下のようなものがあります。

...which I think was very unfortunate for him.
...which was so kind of her.
...which made me so impressed.
...which I never expected.

などなどなど、とにかくペラッと後付けしてみて下さい。

今回も英語の話になってしまいましたが、次回は中国語の話もします。
ではでは。


人気ブログランキングへ
↑読んでくださっている方、ありがとうございます。励みになりまーす。クリックよろしくお願いします。
[PR]

by mei_mokh | 2010-07-02 22:39 | 英語学習法