国産トライリンガル(英語・中国語)のススメ

meimokh.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:バイ(トライ)リンガルについて( 3 )


2010年 06月 06日

モノリンガルに憧れるバイリンガル

e0152956_2359569.jpg「国産トライリンガルのススメ」なんてブログ書いてますが、以前も書いたように私は本当の意味でのトライリンガルどころか、バイリンガルでさえないです。では私が理解している"本当"のバイリンガルやトライリンガルが何なのかというと・・・。

複数の言語をペラペラ喋れるという表面的なことだけではなくて、「その言語で思考することができるか」とか、文法的なことだけでなくて例えば「この文が英語として自然か」という所謂ネイティブチェックなりプルーフリーディングをできるか、といったもう少し深いレベルで複数の言語を扱えること。

そして何より、バイリンガル=バイカルチュアルという定義は当てはまらない場合もあるかもしれませんが、少なくとも(「バイリンガル」「トライリンガル」という言葉は)複数の言語が自身のアイデンティティの形成と関わっている場合を指すのではないかと思っています。つまり、「自分が一体何者なのか」を定義する上で、その言語が絶対に切り離せない要素になっている、ということです。

私の場合、毎日英語や中国語に触れているし、英語や中国語がなかったら人生の楽しみ半減・・・ではあるけれど、ちょっと忙しかったり、全く違うものに興味が向くと、よっぽど意識していない限り、あれよあれよと言う間に特に英語は自分の人生から抜け出て行ってしまいます。それに引き換え「日本語」は何があっても自分の中から抜け出てしまうことはありません。「日本語」が抜け出てしまったら、思考することさえできなくなってしまって、それはもはや自分ではなくなってしまうのではないかと思います。

「バイリンガルであるか」の判断は白黒はっきり分かれているものではないので、これはちょっと極端な定義かもしれません。ただ上記の条件を満たす場合は、どんな文脈においても「はい、私はバイリンガルなんです」と言ってもいいのではないかと・・・。

で、そういう本当の意味での「バイリンガル」「トライリンガル」って、憧れますよね。そして悔しいですよね。「どーんなに勉強したって敵わないんやもんなー」と思ったりしますよね。

私自身は、語学にのめり込み始めたばかりの頃は、(若いせいもあって)とにかく「バイリンガル」「トライリンガル」にすごーく憧れました。めちゃくちゃ羨ましかった。

実際そんな「バイリンガル」「トライリンガル」の方と知り合う機会もなかったのですが、24歳くらいの時にひょんなことから英語・日本語のバイリンガルの方と、中国語・日本語・韓国語のトライリンガルの方と一緒にアルバイトをすることになりました。仕事内容は全く関係なかったんですけどね。

ラッキーなことに、仕事が終わった後に3人で色々話をすることができました。私の発言には、彼らに対する憧れなり羨ましさなりが随所に含まれていたと思います。実際にどんなことを話したのか具体的には忘れてしまったのですが、たった1つだけはっきりと覚えていることがあります。

それは2人が声を揃えて、

「私は(モノリンガルである)あなたが羨ましい。」

と言ったことです。

「なんで??」

と聞くと、

「私たちは2か国語/3か国語話すことができるけど、それは逆に言うと『どんなことがあっても絶対的な自信を持てる自分の言葉がない』ということ。そして言葉の上でのそういった自信のなさは、一体自分は何人(なにじん)なんだろう・・・というアイデンティティに関する疑問を駆り立てる。 でもあなたには日本語という胸を張って母語と言える言葉があって、その上で自分の意思で他の言語を学ぶことができる。それは素敵なことだよ。」

と言われたのです。その時はすぐに消化できなかったのですが、今では2人が言ってくれたことを理解できるような気がします。

もちろんバイリンガルの方の中には、「私の言語は50%と50%ではなくて、100%と100%なの!どっちの言語も母語です!」と胸を張って言える人もたくさんいると思います。

でも「モノリンガルであるあなたが羨ましい」なんてことを言われて以来、「バイリンガル」と聞くと真っ先に「羨ましい!」という気持ちが沸いていた自分が少し変わりました(そりゃ今でも羨ましいんですけどね^^;)。「自信を持って母語と言える言語があること」のありがたさを自覚できたことで、他の言語を勉強することがより楽しくなったし、「うまくしゃべれないよ・・・」とか「上達しないよ・・・」と落ち込むことがあっても「あせらない、あせらない。私には日本語があって、その上で自分の意思で他の言語を勉強してるんだから。」と考えられるようになりました。

こんな考えが、日本人に多い「外国語コンプレックス」を少しは緩和してくれると嬉しいんですが^^ 


人気ブログランキングへ
↑読んでくださっている方、ありがとうございます。励みになりまーす。クリックよろしくお願いします。
[PR]

by mei_mokh | 2010-06-06 00:04 | バイ(トライ)リンガルについて
2010年 04月 19日

「国産トライリンガル」について

e0152956_12521058.jpg前回、ふたつの言語を同時に学ぶことの利点について書いて、「そんなわけで、『国産トライリンガルのススメ』です」と締めましたが…。

私は英語も中国語もまだまだ勉強中で、発音も完璧というには程遠いだろうし、しょうもない文法の間違いもいっぱいするので、本当の意味での「トライリンガル」どころか「バイリンガル」でさえありません。「バイリンガル」という言葉には、表面的な言語能力だけでなく、「バイカルチュアル」という意味も含まれるべきだろうし。

さらに、「国産」つまり「国内で英語と中国語を身につける」ということに関しても、別に心から推奨しているわけではありません。経済的・精神的・時間的な余裕があるならば、やはり自分の目で異国・異文化を見るべきですよね!その体験は何者にも替え難い財産となるんじゃないかな。私自身、若いときに勇気がなくて留学しないまま終わってしまったのですが、やはりチャンスがあったのに行かなかったことは、今でも後悔してます。

じゃあ何で「国産トライリンガルのススメ」なんて名前をこのブログにつけたかと言うと・・・
ひとつは、「あ~、読んでみようかな~」と思ってもらえるような、ちょっとインパクトのある名前が他に思いつかなかったから。
もうひとつは、自分自身が国内で英語・中国語を勉強して、ある程度不自由なくコミュニケーションをとれるようになったので、「私も留学はできないけど、英語・中国語を身につけたい!」という方、がんばってくださ~い、全然不可能なことじゃないですよ~、楽しいですよ~、よかったら参考にして下さいね~、ということを言いたかったからです。「留学できないし、時間ないし、やり方分からないし」で諦めてしまわないでね、ということが伝わればいいなぁと。

そしてもうひとつ書いておくと、私は一緒に生活している旦那が英語話者だし、幼少期に中国に滞在したことがあるので、「日本で英語・中国語を身につけた」というと、「え~、それはずるい」と言われるかもしれません。
でも大学2年生ごろに突然英語に目覚めるまでは、まーったくしゃべれませんでした(むしろ、しゃべれるようになったから、英語話者の旦那と結婚した)。中国語も発音面に関してはアドバンテイジがあったかと思いますが、きちんと文法や語彙を勉強したのは大学3年生になってからです。昔は、自分が勉強をすればいつか話せるようになる、ということにすら気がついていませんでした。そして勉強を始めてからも、自分の言いたいことを言えず、自分よりもうまく話す友達を見ては何度も何度も悔しい思いをしてきました。それを何とか克服してきたので、まぁ「国産トライリンガル」と言ってもいいんじゃないかな~と思って、こんな名前をつけました。

今週は、中国語のおすすめ教材・勉強法について書いていきますね~。


人気ブログランキングへ
↑読んでくださっている方、ありがとうございます。励みになりまーす。クリックよろしくお願いします。
[PR]

by Mei_Mokh | 2010-04-19 12:53 | バイ(トライ)リンガルについて
2010年 04月 16日

中国語を勉強したおかげで、英語がうまくなった!?

e0152956_23525980.jpgこれまでずーっと英語学習のことばかり書いてきましたが、ここからはちょっとずつ中国語のことも書いていきます。

この間、調子にのって外で英語をしゃべっていたら、そこにいた日本人の方(その方も英語を話します)に、「もしかして英語以外にも何語か話されますか?」と聞かれました。そんで「なんで分かったんですか?」となりました。

でもこの質問、初めてではありませんでした。過去にも調子にのって英語をしゃべってるときに、何度か聞かれたことがあります。海外でも(日本人以外の人にも)同じようなことを聞かれたことがあります。

「なんで分かったんですか?」と聞くと、その方は「いやー、ひとつの言語が得意な人って、他にも話せるっていうことがわりとあるから」とおっしゃっていました。

私は「子供の頃から外国語が大好きで、中学校のときから英語の成績だけはいつもよかった」…なんていうタイプでは全然ありませんでした。大学は英文科出身なんですが、それも「英語が好きだから」という理由で選んだのでは全くなく、そこしか受からなかったから…でした。

それがちょっとした偶然が重なり、大学2年生ぐらいの時から急に真剣に英語を勉強し始め、その翌年に少々基礎のあった中国語を「じゃあ、もういっこ」という感じで勉強しはじめました。またいつか書きますが、中国語には幼い頃に触れるチャンスがあったのですが、成人するまで全く興味がなかったので(むしろ、あまり好きでなかった)、不自由なく話せるようになるまでにはかなりの努力をしました。

私は英・中の両言語とも最初からスピーキングの練習に重点をおいてきましたが、英語を真剣に勉強し始めてから2~3年ぐらいの間はとにかく「前もって頭の中で文を作ってしまわないと話せない」つまり「考えながら話すことができない」ということが大きな悩みのたねでした。当然ですが、動詞を目的語よりも先に言わなければならない英語は、日本語話者の私にはとても難しかったのです。見栄っ張りなんで、周りには流暢に話しているように聞こえていたとしても、頭の中ではいつも必死に作文をしていました。例え相手の話を聞くのをないがしろにしてでも・・・。

でも徐々に「考えながら話す」ことができるようになりました。その結果、自分の言いたいことを英語で随分自由に表現できるようになりました。科学的な根拠は何もないのですが、私はそのことと、時を同じくして中国語で自分の言いたいことをある程度表現できるようになったことに関係があると思っています。

私にとっては、英語には英語の難しさ、中国語には中国語の難しさがあり、どちらがより難しいとは一言では答えられません。それでも「ある程度言いたいことを表現する」というレベルに達するのは、確実に中国語の方が速かったと思います。文法の間違いや語彙が足りない、語彙の使い方が適切でないなど様々な問題があったとしても、「こんなにたくさん単語を覚えても、簡単なことさえスラスラ話せない!」という英語に対して感じていたフラストレーションを、中国語の時に感じることはほとんどなかったように思います。複雑なことを表現しようとするとうまく言えず、たちまち「イライラ!!!!」ときてましたが^^; あくまで「ある程度」の話です。

中国語の方が英語より日本語に近い*のか、それとも英語はスピーキングに重きをおかない中学・高校の(英語)教育がネックになってすぐに口から出てこない癖がついてしまっているのに対し、中国語は初めからすぐによりうまく話せるようになることを目的に学習したからなのか・・・分かりません。でも私は体験的に中国語を勉強したおかげで、英語がわりと自由に話せるようになったと信じています。

ふたつの言語を勉強すると、その分時間が余計にかかるし、どちらも中途半端になるという面もあると思います。そもそも、忙しい毎日の中でひとつの言語を勉強する時間をとるだけで精一杯ですよねぇ。それでも少し長い目で見れば、少なくとも私にとっては中国語を勉強したことは英語にもプラスに働いたと思っています。中国語を話す練習を通して、英語をどうやって話せばいいかを学んだというか・・・。

そんなわけで、「国産トライリンガルのススメ」です。

*中国語も基本的な構造は英語と同じ主語・動詞・目的語のSOV言語ですが、"把"構文なんかを使えば日本語と同じSVOになるってので、「文法的には英語と日本語の中間に位置する」という考え方もありますよね。

人気ブログランキングへ
[PR]

by Mei_Mokh | 2010-04-16 23:58 | バイ(トライ)リンガルについて