2011年 07月 02日

飯得一口一口吃,路得一歩一歩走

e0152956_9114679.jpgタイトルは中国語版「ローマは一日にしてならず。何事も一朝一夕にはいかない。」という意味の慣用句です。何事も成功を急がず、一歩ずつ一歩ずつ、ですね。

語学学習を続けるにあたって、「毎日何時間か集中して勉強しないと意味がない!」と考えて、「とてもそんな時間ない!」「とてもそんな辛いことできない!」と思っている方がいらっしゃるのではないでしょうか。

確かにひとつの外国語を習得する長い道のりの中では、「毎日数時間、集中して勉強する期間」が必要なのかもしれません。でもそれよりも大事なことは細々と毎日長く続けることです。「流暢にしゃべれるようになりたい!」という思いが強ければ強いほど、「もっとがむしゃらに頑張らないと!」と考えて焦ってしまうものです。例えば「短い新聞記事を毎日音読する」なんていう程度の学習は、とるに足らないものではないかと。

でもがむしゃらに1カ月頑張るよりも、細々と1年間続ける方がきっと効果的です。毎日のほんの少しの外国語との接触がもたらす効果は絶大です。

「明日からはこれもやって、あれもやって・・・よし一発奮起、頑張るぞ!!」と意気込んでは、「あー、全然進歩しない。もーいや!」とすぐに諦めて・・・というのを繰り返すよりも、毎日少しずつ少しずつでもいいから何らかの形で学習を続けましょう。私も、せっかちで極端な性格なので、これは分かっていてもなかなか実行するのが難しいことは十分承知しています^^;

先日友人と語学学習とダイエットはよく似ている、という話をしていました。年をとればとるほど難しくなるし、効果が現れるのには時間がかかるくせに後退してしまうのは何とも簡単であっという間・・・ってなとこでしょうか。

今日は勉強時間を確保するのがさらに難しい土曜日(主婦的にね)。それでも頑張りましょう~。

人気ブログランキングへ
[PR]

by mei_mokh | 2011-07-02 09:12


<< 楽しんで語学学習を続けるために...      「できる!」と信じること、分か... >>