国産トライリンガル(英語・中国語)のススメ

meimokh.exblog.jp
ブログトップ
2011年 06月 01日

最近したこと

e0152956_23175549.jpgここんとこ随分と比重を中国語において毎日を送っています。語学ってのはちょっとさぼっているとそのツケがてきめんに現れるもんで。。。中国語がかなり出にくくなっていたのでちょっと頑張ってます。

ショックなことにほぼ毎日聞いていたBBC中文版のPodcastがなぜか聞けなくなってしまったんですが*、おかげでいいものを発見しました。それはVOA(Voice of America)の中文版です。Podcastもあるのですがそれもなぜか6~7分のさっと聞けるニュースは視聴させてくれないので、はじめは「じゃ~しょうがない」という感じでVOA中文版のアプリ(350円)をダウンロードしたんです。これは中国語ジャーナル5月号でも紹介されていたので試しに聞いてみたのですが、これがいい!学習者向けのアプリで、読み上げられるニュースは全てスクリプトがあるし、いろいろ学習者にとって嬉しい機能もついているのですが、なんといってもいいのがカバーするニュースの幅が広いんです。アプリ内のニュースのカテゴリーを見れば分かるのですが「中国」「台湾」「国際」「美国」「亜太」「中東」「欧州」など国際的な時事ニュースあり、また「教育」「科学技術」「環境」「健康」などのカテゴリーもありとにかく様々な話題に触れることができます。またこれもBBC中文版と同様、客観的な立場から中国国内のニュースや両岸問題などが扱われています(そういえば「人権」というカテゴリーもあり、中国の人権問題が容赦なく取り上げられています)。

そんな訳で私はVOA中文版をiPhoneを使って楽しんでいますが、もちろんホームページにいけばiPhoneなどがなくてもニュースをチェックできます。画像や音声つきのニュースもたくさんUPされています。

その他にちょっとはまりかけているのが、中国語音声付のディズニーアニメのDVDを見ることです。たまたま子供が近所のTSUTAYAで借りてきたリトル・アインシュタインというディズニーDVDが日・英以外にも中国語・スペイン語・タイ語・韓国語などの音声付というもので、それをこっそり見ているうちに病みつきになってきました。今回も何とか子供を言いなだめて中国語音声付のミッキーマウスを借りてきました。ミッキーの声って何語の吹き替えでも同じ声質でわりと聞きづらいのですが(ちなみにいちばん聞きづらいのはドナルド)、登場人物の名前とか、秘密の呪文やトゥールの名前とかね、中国語版を聞くとおもしろいです。そして意外に語彙が広がります。ちなみに日本国内で販売されているディズニーDVDで中国語音声が入っているのは私が調べた限りでは以下の5枚です。

-ミッキーマウス クラブハウス/まほうのことば
-プーさんといっしょ/スーパー探偵団(たんていだん)のクリスマス・ムービー
-リトル・アインシュタイン/すてきな たんじょうび
-リトル・アインシュタイン/はじめてのぼうけん
-DISNEY PRINCESS おとぎの国のプリンセス/夢を信じて


あとは中国語でちょこちょこ日記を書いたり、BitEXのワンコインレッスンの月謝制チケット(7200円で、毎日25分のレッスンを1カ月受けれるというもの)を購入して平日はほぼ毎日レッスンを受けています。小さな子供がいるので、教科書を使ったレッスンなどは無理なので、大抵抱っこしながら自由会話のレッスンを受けています。25分ぐらいなら何とかなりますよ!

あとはひたすら好きな中国語のテレビ番組をYoutubeで見たり聞いたりしてました。えらいもんで、この程度中国語漬けの生活を2週間ぐらい続けると、だいぶ効果がでてきますね。中国語が出やすくなったし、ふと気がつくと中国語で何かを考えていたり、旦那に中国語で話しかけそうになってしまったり・・・。

ちなみに最近見てめちゃくちゃおもしろかったのは、やっぱり『康熙來了』の台湾在住の外国人がゲストの回のものです。みんなうまいですね~。

あと映画も暇を見つけてはちょこちょこ見たりしているのですが、随分と話題になった『非誠勿擾(馮小剛監督、葛優、舒淇主演、邦題は『狙った恋の落とし方』)』はストーリーの好き嫌いはさておき、かなり学習向けだと思います。全般的にセリフが多いし、何といっても葛優の発音が明瞭だし、変な雑音が少ないし。

そうなると英語に注ぐ時間がぐっと短くなってしまうのですが、NHKニュース、Anderson CooperのPodcastはなるべく毎日聞くようにしています。あとはAudiobookをちょこちょこ。。。最近もう一度読み返したいけど読む時間がない(というか他に読みたいものがありすぎる)という本をAudiobookで聞くことが多いです。最近では村上春樹の『ノルウェーの森』と『走ることについて語るときに僕の語ること』の英語版を聞きました。他にちょっとおもしろかったのは、日本語訳もでているようですがTal Ben-Shaharの"Happier"です。タイトル通り、「より幸せ」になるためにはどうしたらよいか・・・ということが書いてあるのですが、自分の語学学習の態度ともリレイトできる箇所があって共感できました。そして今現在聞いているのが話題のKazuo Ishiguroの"Remains of the day"です。確かにgood novelという感じなのですが、夜寝る前に聞くと2分ぐらいで寝てしまってなかなか進みません。。。その他に、以前"Tara Road"という小説を聞いてはまったMaeve Binchyというアイルランドの女性作家の"Heart and Soul"という小説を、こっちは「聞く」のではなくてちゃんと読んでいます。かなりやさしい英語でどんどん読めるし、ストーリーも期待を裏切られませんでした。おもしろいです。

ダラダラと自分がやっていることを書いただけで・・・「どや!頑張ってるやろ!」といわんばかりですが、実際のところは本なんて夜寝る前に5分~10分ほど読んでいるだけです^^; とにかく、何かの参考になれば幸いです~。私も皆さまがコメント欄で教えて下さる本やドラマなど、とても参考になってます:)ありがとうございます!

*後日、また聞けるようになりました。

人気ブログランキングへ
↑読んでくださっている方、ありがとうございます。励みになりまーす。クリックよろしくお願いします。
[PR]

by mei_mokh | 2011-06-01 23:27


<< 恥ずかしい質問      役に立つガジェット その2 >>