2010年 10月 16日

どう選ぶ?英語の本、中国語の本

e0152956_23212213.jpg英語、中国語の本が読めるようになったり、オーディオブックを聞いて分かるようになると、確かに楽しみは広がるのですが、次から次へと読みたい・聞きたい本を探すのってわりと大変ですよね。日本語の本なら、とりあえず書店や図書館に行って目にとまった本を手にとってパラパラと見ているうちに、読みたい本が見つかることありますよね。雑誌や新聞なんかに載ってる書評を読んで興味を持つものもたまーにありますが。

私の住んでる地域には、英語の本がたくさん置いてある書店はないし、中国語の本が置いてあるところなんて皆無です。読みたいものさえあれば(そんなにマニアックなものでなければ)、アマゾンや書虫で購入できるのですが、読みたいものを見つけるということ自体が難しい・・・という時が多々あります。

それである時からよくやるようになったのが、図書館の「英米文学」のコーナーにおいてある日本語訳をさらっと読んでみて、気に入ったものの原書を手に入れて読む、という方法です(大体の図書館が「英米文学」「ドイツ文学」「イタリア文学」「フランス文学」のような分類がされていますよね!?)。先週は、Will Northという作家の"The Long Walk Home"とYasmin Crowtherという作家の"The Saffron Kitchen"というのを見つけて「おもしろそうだな~、次はこれ読もうかな~」と思ってました。「自己啓発」のコーナーなんかにも、原書が英語の訳本がたくさん並んでるので、そこから選んでもおもしろいものが見つかるかもしれません。

あとはENGLISH JOURNALやAERA ENGLISHなんかで紹介されているものを読んでみることもたまーーにあるのですが、大当たりしたことはないかな^^; やっぱり人が「おもしろいから」とすすめてくれたものよりも、自分が「何かおもしろそー」と直観で見つけたものの方が楽しめるような気がします。・・・と言いながら、自分がおもしろいと思った本をこのブログでおすすめしてるんですけどね。

ちなみに英語はオーディオブックに偏りがちなんですが、最近聞いておもしろかったのは、ジュリア・ロバーツ主演で映画にもなっているElizabeth Gilbertの"Eat, Pray, Love"です。フィクションなら基本的に暗い重いシリアスなものが好きなんですが、これはよかったです。ABRIDGEDバージョンしか見つからなかったのですが、それでも7時間半と聞きごたえあるし、話が急に飛ぶ感じもないし。映画もおもしろいのかな?

中国語は三毛という女性作家の『撒哈拉的故事』を読んでます。自身の日常生活についてのエッセイなので、わりと簡単に読めていいですよ~。私の場合、中国語の小説は「次から次へと読みたいのに、読むものがなくて困る」というほど読んでないんですけどね^^;

人気ブログランキングへ
↑読んでくださっている方、ありがとうございます。励みになりまーす。クリックよろしくお願いします。
[PR]

by mei_mokh | 2010-10-16 23:22


<< ラストスパート(?)      子供のバイリンガル教育その4 >>