国産トライリンガル(英語・中国語)のススメ

meimokh.exblog.jp
ブログトップ
2010年 04月 29日

BitEX中国語(オンラインレッスン)

e0152956_2235369.jpg今回でしばらく続いた中国語の勉強法に関するお話はひとまず終わりです。

最後に紹介するのはBitTEX中国語(以下、Bitex)です。 このサイトでは新語もどんどん反映される中国語辞書・オンライン無料教材・中国語学習情報などにアクセスできる他、中国語の教材・小説・DVDなどを購入することができます。でも、何といってもおすすめはオンライン中国語教室です。

私は周りに中国語を勉強している人がいないので、このBitexの知名度や評判がどんなもんか分からないのですが(皆さん、「知ってて当たり前」という感じだったらすみません)、このサイトは使わないと損ではないかと思うぐらい充実してます。

オンライン中国語教室は、初級者から上級者まで、お手ごろな値段で、自分の都合に合わせてレッスンを受けられる…というあたりは想像つきますよね。レッスンは教科書を使ったもの、自由会話、時事中国語、検定対策などがあります。そのへんの詳細はサイトをご覧になれば分かるので(http://bitex-cn.com/student/lesson.html)、実際に私が受講しているレッスンと、それがどんなもんかを書いていきますねー。

私は2つのレッスンを受講しています。1つは教科書を使ったレッスン、もう1つはワンコイン中国語倶楽部という自由会話のレッスンです。

教科書を使ったレッスンの方は1回50分、1400円です。毎回自分の都合がいい日にち・時間帯を選んで予約するのですが、予約するときに事前に購入しておいたチケット(4500円~)でレッスン料を払います。教科書の内容は慣用句・成語などを学ぶことが目的のものですが、ただ教科書に沿って淡々と進められる授業では全くありません。徹底的に読む練習があり、例文を即興で作る練習があり、復習テストがあり、また関連のある慣用句などをたくさん補充してくれたり、覚えにくい表現はなぜそのような意味になるのかを説明してくれたり…もしかしたら私が当たった先生が特別よかったのかもしれませんが、とにかく熱心で知識が豊富で教えるのもとても上手です。50分のレッスンなのに、私が納得できないところを教えてくれるために15分も授業を延長してくれたこともありました。

ワンコインレッスンの方は、文字通り500円のワンコインで25分の自由会話のレッスンが受けることができます。上記のレッスンと同様、レッスンを予約するときにチケットでレッスン料を払います(ワンコインレッスンのチケットは500円のものを1枚から購入できます)。このレッスンは、私はすごく楽しんでやってます。自由に話すだけですからねー。それに、必ず中国語ネイティブの人と話ができる時間がある、というのはとても心強いですねー。色々聞きたいこと聞けるし。何より、固定電話で国際電話をかけるよりも安いんですもんねぇ。このレッスンは、30分前の予約でもOKということなんで、忙しい方でも突然時間があいたときに受けることができるんじゃないでしょうか。教科書を使った授業とは違う先生なのですが、やはりいい先生です。かなり質がいい!

入会金としてはじめに6000円必要だったのですが、上に書いたように1回1回予約をするたびにレッスン料を払う方式なので、辞めたくなったら辞めたってそれほど大きな損失にはならない・・・ということも、受講を決めた理由でした。 

私は今年の3月まで中国語を教えていたのですが、そこでよく学生さんに「先生ー、どこに行ったら中国語のネイティブと話ができますか?」と聞かれていました。私自身、このBitexを知ったのはわりと最近なので、もっと早く教えてあげたらよかった…と今でも思っています。そして自分が中国語の勉強を始めたとき、こんなレッスンがあったらよかったのになーと。

ウェブレッスンということで、途切れたり、コミュニケーションがとりにくかったりということはないだろうかと、受講前は色々懸念もあったのですが、全く問題ないことが分かりました。いちばん初めに無料体験レッスンもあるので、どんなものか把握することができますよー。

私は基本的には「しゃべる練習はひとりでもできる」と思っていました。一度英会話教室に入会して、「これなら1人でしゃべってる方がずっとうまくなる!」と思って長い時間交渉してクーリングオフをしたという痛い経験もあります。でもこれだけお手ごろな値段で、やりたいときに予約できるのだから、興味のある方は一度やってみてはいかがでしょうか:)

次回は、語学学習の「3種の神器」について書く予定です。

皆さま、よい連休を~!


人気ブログランキングへ
↑読んでくださっている方、ありがとうございます。励みになりまーす。クリックよろしくお願いします。
[PR]

by mei_mokh | 2010-04-29 22:56 | 中国語学習法


<< 語学学習の「三種の神器」      今手に入る中国語おすすめ教材 その2 >>